Excel 2007 以降のバージョンで xls 形式で保存した場合に、不連続な領域に設定した入力規則が一定数以上保存されない

現象

Microsoft Excel 2007 以降のバージョンでファイルを xls 形式で保存した場合、不連続な領域に設定した入力規則が一定数以上保存されません。

原因

ファイルを Excel 97-2003 (*.xls) 形式で保存した場合、入力規則のデータは、シートごとに Data Validation Criteria という BIFF レコードに保存されます。この BIFF レコードは分割できないため、1 つの BIFF レコード (8224 バイト) 内に情報を収める必要があります。
なお、Excel 97-2003 (*.xls) 形式の 1 つの BIFF レコードに保存できる入力規則は、最大で 511 個分の領域となります。

回避策

以下のいずれかの方法で対応してください。

 方法 1 : xlsx 等の新しいファイル形式で保存する

 方法 2 : 連続した領域に入力規則を設定する

 方法 3 : 1 シート 511 個分の領域にとどめ、シートを分ける

詳細

問題の再現手順

ここでは、Excel 2010 の手順を例に説明します。
  1. Excel 2010 を起動して、新規ワークブックを作成します。
  2. A1 セルを選択して [データ] タブの [データの入力規則] をクリックし、[設定] タブを開きます。
  3. [入力値の種類] ボックスで [リスト] を選択し、[元の値] ボックスに "1" と入力して [OK] をクリックします。
  4. A1 セルと A2 セルを選択して、A2000 セルまでオートフィルでコピーします。
  5. 「Excel 97-2003 ブック (*.xls)」形式で保存します。
    ※ このとき、一部のデータが保存されない旨のメッセージは表示されません。
  6. ファイルを一旦閉じて、Excel 2010 で再度開きます。
結果
A1021 セルまでの入力規則が保存され、それ以降の入力規則が保存されていません。
 

関連情報

Excel 2003 以前のバージョンについては、以下の情報を参照してください。

 436987  [XL2002] 不連続な領域に多数設定した入力規則が一定数以上保存されない
プロパティ

文書番号:2927097 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010, Microsoft Excel 2013

フィードバック