Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の AppX クリーンアップ メンテナンス タスクに影響する既知の問題

適用対象: Windows 8.1Windows 8.1 EnterpriseWindows 8.1 Pro

概要


Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のインストール後に、全体的なディスクの使用量を削減するには、コンピューターの使用のコンピューターのアイドル時間の 15 分後に 60 分後プレステージ AppX クリーンアップ メンテナンス タスクが実行されます。このスケジュールされた保守タスクは、Windows のインストール プロセスの後のディスク領域を回復します。これを行うには、タスクは、アプリケーション パッケージ (.appx) リソース パック言語、スケール、および DirectX の機能レベル (DXFL) に基づいていない現在使用中の現在のユーザー アカウントを削除します。

現象


この AppX クリーンアップ メンテナンス タスクの後に Sysprep を実行する場合にログに記録次の警告メッセージ、Setupact のログに C:\Windows\System32\Sysprep フォルダー。

< 日付 >< 時間 > 警告 SYSPRP がないリアーム地域の選択、いくつかのファイルおよびレジストリ キーがあっても回復可能です。
時間 > の < 日付 >< 情報 SYSPRP を終了する SysprepGeneralize (Appx)。

キャプチャし、このイメージを展開する場合のエンド ・ ユーザーには次のような現象が発生可能性があります。
  • 表示倍率は、最新のアプリケーションでは、(低 DPI のディスプレイではなく、高 DPI 表示) を使用します。
  • 追加の言語パックがインストールされている場合、新しいアプリがいくつかの不適切な表示言語が使用されます。

注: この状況で、新しいアプリがまま機能を使用します。ただし、コンピューターに必要なリソースがありますされません。

原因


リソース パックの削除には、この問題が発生します。

回避策


この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

回避策 1

展開用のイメージを作成する場合は、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の最初のログオンから 75 分以内 Sysprep を実行します。これを行うことはできません、する場合は、2 の回避策を試します。

回避策 2

最初のログオン後すぐに保守タスクを無効にします。メンテナンス タスクを自動的に無効にするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
Schtasks.exe /change /disable /tn "\Microsoft\Windows\AppxDeploymentClient\Pre-staged app cleanup" 
構成マネージャーのビルドおよびキャプチャのタスク シーケンスの一部として、メンテナンス タスクを自動的に無効にするには、セットアップ ウィンドウと構成マネージャー」の手順の後にすぐに実行コマンド ラインの新しいステップを挿入します。この新しい手順は、次のコマンドを使用します。
Schtasks.exe /change /disable /tn "\Microsoft\Windows\AppxDeploymentClient\Pre-staged app cleanup" 
注: Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 で Sysprep を実行しているタスク シーケンスにのみこの新しいステップを挿入します。Windows は自動的に再度有効にするメンテナンス タスク、Sysprep の実行中にフェーズを一般化します。

回避策 3

展開用のイメージを作成する場合は、「現象」に記載されているイメージをキャプチャするのにはSysprepGeneralizeを実行する前に、構成の変更を行うには Sysprep 監査モードでコンピューターを起動します。

注: 監査モード中に、スケジュールされたタスクは実行されません。

回避方法 4

24 時間ストアの自動更新プロセスを実行するを待ちます。または、ストアの更新プログラムを手動で検索します。

削除されたリソースのパッケージの一部を必要とするコンピューターを「現象」に記載されているイメージを展開すると、コンピューターにログオンしたユーザーは、Microsoft ストアにアクセス権を持つ場合に、必要なリソース自動的に更新されます。マイクロソフト ストアの接続が利用可能な場合は、Sysprep を使用した後、この更新プログラムは最初のログオン後 24 時間を発生します。マイクロソフト ストアの自動更新を無効にするグループ ポリシーの設定があります。この設定では、不足しているリソースのパックが復元されるできなくなります。リソース パックがない場合は、ユーザーでは、コンピューターの該当するリソース パックを更新するために Microsoft ストア アクセス必要があります。

状況


これは仕様による動作です。

詳細


保守タスクを削除する場合、リソースは削除できませんし、タスクが実行されていません。インストール後の保守タスクを使用できないため、リソースは常にコンピューターのディスク領域を使用します。