RD コネクション ブローカーを使用した負荷分散環境でNetBIOS 名または FQDN 名を指定した場合、接続が行えないことがあります

適用対象: Windows Server 2008 R2 StandardWindows Server 2008 R2 EnterpriseWindows Server 2008 R2 Service Pack 1 詳細

現象


次のシナリオで接続を行う場合、リモート デスクトップ セッションホストに接続が行えないことがあります。

・ DNS ラウンドロビンを使用し、負荷分散を行っている。

・ Active Directory ドメイン コントローラーが Windows Server 2008 R2 である。

・ ファーム名を指定し、リモート デスクトップ セッションホスト に接続を行ったのち、別のリモート デスクトップ セッションホストに対して NetBIOS 名または、FQDN 名を使用し、接続を試みた場合

また、宛先 IP アドレスを使用しての接続の場合においても、ファーム内でリダイレクトされるため、意図したホストに接続できない場合があります。

原因


接続の際に使用する Kerberos チケットにおいて意図しない情報を含めるために発生します。

回避策


mstsc.exe /admin オプションを使用し接続を行います。


RD コネクション ブローカー によって負荷分散が行われている環境では、ホスト名または、IP アドレスを使用し、リモート デスクトップ セッションホストに接続を行っても負荷分散が行われ、意図したホストに接続を行うことができません。

意図したホストに接続を行いたい場合には、 mstsc.exe /admin オプションを使用し、接続を行ってください。