Exchange 2013 へのメールボックスの移動により、共有された予定表フォルダのアイテムが編集できない

現象

Exchange 2007/Exchange 2010 から、Exchange 2013 へメールボックスを移動すると、作成者権限があるにも関わらず、共有されている予定表にある自身の投稿したアイテムの編集ができません。
なお、メールボックスの移動後に作成者権限で作成されたアイテムは編集することができます。

- 再現手順 
1. Exchange 2007/2010 上に UserA/UserB のメールボックスがあります。
2. UserB の予定表フォルダを共有し、UserA に "作成者" 権限を付与します。
3. UserA が UserB 予定表に予定アイテムを作成します。
4. UserB のメールボックスを Exchange 2013 へ移動します。
5. UserA が UserB の予定表を開き、手順 3 で作成したアイテムの編集をします。

- 結果
Outlook から開いたアイテムを編集して保存すると以下のエラーが表示されます。

 [このフォルダー内のいくつかまたはすべてのアイテムを変更するためのアクセス権がないため、変更内容を保存できません。アイテムの既定のフォルダーにコピーを保存しますか?]

OWA から開いた場合は、参照者権限で表示されるため、編集機能が利用できません。

原因

作成者権限でアイテムを開く際には、対象アイテムの PR_CREATOR_SID に保存されている SID とアイテムを開くユーザーの SID を比較することで、アイテムを開くユーザーが作成者かどうかが判断されます。
しかし、Exchange 2007/2010 から Exchange 2013 にメールボックスを移動した際には、アイテムの PR_CREATOR_SID 値は移動対象に含まれていないため、移動後のアイテムの PR_CREATER_SID 値は "NULL" になります。
こ のためアイテムを開くユーザーが作成者と見なされず作成者権限でアイテムを更新することができません。

解決方法

この問題は、マイクロソフト製品の問題として認識しています 。

回避策

共有の予定表フォルダに対するアクセス権を "作成者" ではなく "編集者" 以上に設定することで編集できるようになります。
プロパティ

文書番号:2938619 - 最終更新日: 2014/07/07 - リビジョン: 1

フィードバック