修正: 送信パイプラインは双方向の受信場所の正しく設定されていない BizTalk Server にバインド ファイルをインポートする場合

現象

双方向を使用することを想定しています受信場所および送信パイプラインは、Microsoft BizTalk Server での非 PassThruTransmit として設定します。バインド ファイルをエクスポートし、別の BizTalk 環境にインポートしようとしすると、送信パイプライン、双方向の受信場所に設定されてPassThruTransmit最初に使用される特定のパイプラインではなく。

原因

この問題は、バインド ファイルをエクスポートする場合、追加の < TransmitPipeline > ノード < 受信ポート > ノード内 (外部ではなく、< 受信場所 > ノード) が追加されるために発生します。

解決策

累積的な更新プログラムの情報

この問題は、BizTalk Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:2947664 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft BizTalk Server Branch 2010, Microsoft BizTalk Server Developer 2010, Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010, Microsoft BizTalk Server Standard 2010, Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 R2 Standard

フィードバック