[OL2002] メッセージの更新日時によって整理日が決定される

概要

この資料は、メッセージの更新日時によって整理される日が決定する動作について記述しています。

詳細

メッセージ フォルダを整理すると、Microsoft Outlook は送信日時、受信日時、またはメッセージの更新日時の中で最新の日時からメッセージの順序を決定します。

以下のアクションにより、メッセージの更新日時が変更されます。

  • 転送
  • 返信
  • 全員へ返信
  • 編集および保存
  • 移動またはコピー
メッセージをほかのメッセージ フォルダにコピーまたは移動しても、必ずしも更新日時は変更されません。コピー先または移動先のフォルダが個人用フォルダ (.pst) ファイルの場合は、更新日時は変更されません。コピー先または移動先のフォルダが Microsoft Exchange Server のメールボックスまたはオフライン フォルダ (.ost) ファイルの場合、更新日時が変更されます。

メッセージの最新の更新日時を調べるには、以下の手順に従います。
  1. [表示] メニューの [現在のビュー] をポイントし、[現在のビューの編集] をクリックします。
  2. [フィールド] をクリックし、[対象となるフィールド グループ] ボックスで [すべてのメール フィールド] をクリックします。
  3. [表示可能なフィールド] で [更新日時] をクリックし、[追加] をクリックして [更新日時] フィールドを [表示するフィールドと順序] ボックスに配置します。
  4. [上へ] または [下へ] をクリックして [更新日時] フィールドの位置を指定し、[OK] を 2 回クリックします。
各メッセージの更新日時が [メッセージ] ビューに表示されます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
295657 (最終更新日 2002-02-27) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:295657 - 最終更新日: 2003/08/29 - リビジョン: 1

フィードバック