SQL Server 2014 の最新の Service Pack を入手する方法

適用対象: SQL Server 2014 Business IntelligenceSQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 Enterprise 詳細

この資料では、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 3 (SP3) について説明します。 これは、SQL Server 2014 の最新の Service Pack です。 さらに、この資料では、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 2 (SP2) および Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) について説明します。

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 3 (最新の Service Pack)


リリース日 : 2018 年 10 月 30 日

ダウンロード リスト

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 2


リリース日 : 2016 年 7 月 12 日

ダウンロード リスト

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1


リリース日 : 2015 年 5 月 5 日

ダウンロード リスト

Microsoft Update の使用に関する注意事項


Microsoft Update を使用して SQL Server の Service Pack を適用する場合には、次の点を考慮してください。
  • Service Pack のインストールは "無人" (自動) で実行されます。
  • Microsoft Update は、SQL Server Service Pack を対象のコンピューターにインストールされている SQL Server のすべてのインスタンスに適用します。

    : Service Pack は、Service Pack の SQL Server バージョンと一致するすべての Service Pack インスタンスに適用されます。
  • Microsoft Update の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

SQL Server の Service Pack について


マイクロソフトでは修正プログラムを Service Pack として配布しています。 Service Pack を適用することで製品が最新の状態に維持されます。 Service Pack には、Microsoft SQL Server コミュニティを通じて報告された問題に対する修正プログラムが含まれています。 また、対応が必要であるとマイクロソフトのサポート組織で判断した問題の修正も含まれることがあります。 通常、これらの問題の優先順位を決定する指標は、お客様の問い合わせ数とお客様満足度スコアです。 これらの更新プログラムとコンポーネントは、簡単にダウンロードできるように 1 つのパッケージにまとめられています。

Service Pack は累積的であり、 最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。 最新の Service Pack をインストールする前に、以前の Service Pack をインストールする必要はありません。

関連情報