Windows Server 2008 の仮想マシンを Windows Server 2012 R2 へインポートする際にエラーとなる

適用対象: Windows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Datacenter

現象


Windows Server 2012 R2 へ Windows Server 2008 Hyper-V で管理されていた仮想マシンをインポートすると以下のエラーで失敗します。

仮想マシン <仮想マシン名> の VM バージョン 1.0 はサポートされていません。(仮想マシン ID <仮想マシン GUID>)

尚、Windows Server 2008 Hyper-V の仮想マシンを Windows Server 2012 R2 へインポートする際は VHD および仮想マシン構成ファイルの入っているフォルダごと Windows Server 2012 R2 へコピーしインポートする必要がありますが、その方法でインポートした場合に上記のエラーが発生します。

また、本問題は Windows Server 2008 R2 から Windows Server 2012 R2 にインポートする場合には発生しません。

原因


Windows Server 2008 Hyper-V で作成された仮想マシン構成ファイルは Windows Server 2012 R2 と互換性がないため本エラーが発生します。

回避策


Windows Server 2008 の仮想マシンを Windows Server 2012 R2 へインポートする場合は、以下のいずれかの方法でインポートしてください。

方法1: Windows Server 2008 R2 を経由してインポートする

1. Windows Server 2008 ホストにて Hyper-V マネージャより仮想マシンを右クリックし、[エクスポート] を選択します。

2. ポップアップが表示されますのでエクスポートデータ保存先を指定し [エクスポート] ボタンをクリックします。

3. 上記 2 で保存したエクスポートフォルダをフォルダごと Windows Server 2008 R2 ホストへコピーします。

4. Windows Server 2008 R2 ホストでインプレースインポートします。Hyper-V マネージャにて [仮想マシンのインポート...] をクリックします。

5. インポートウィザードにて以下のように入力します。

   [インポートウィザードの入力箇所]
      場所:
         ・ 上記手順 3 でコピーされてきたフォルダを指定します。
     
      インポートの設定:
         ・ 「仮想マシンを移動または復元する(既存の一意 ID を使用する)」:チェックあり
         ・ 「仮想マシンをコピーする(新しい一意 ID を作成する)」:チェックなし
         ・ 「すべてのファイルを複製し、同じ仮想マシンを再度インポートできるようにする」:チェックなし

6. この状態でインポートした仮想マシンのフォルダごと Windows Server 2008 R2 から Windows Server 2012 R2 ホストへコピーします。

7. Windows Server 2012 R2 ホストでインポートします。この際、インポートウィザードで上記 6 でコピーしてきたフォルダを指定します。

また、インポートのエラーは構成ファイルの互換性によるものとなりますので、下記方式でも移行させることができます。 

方法2: VHD ファイルのみをコピーし Windows Server 2012 R2 Hyper-V ホストで仮想マシンを新規作成する

1. Windows Server 2008 で動作していた仮想マシンの VHD ファイルを Windows Server 2012 R2 ホストへコピーします。

2. Windows Server 2012 R2 ホストにて上記 1 でコピーした VHD ファイルを利用して新規に仮想マシンを作成します。