一括移行でメールボックスを Exchange Online に移行すると、"別の種類の Active Directory オブジェクトは既に存在しています" というエラーが発生する

適用対象: Exchange Online

問題


一括移行を実行して、オンプレミスの Microsoft Exchange 組織から Microsoft Exchange Online にメールボックスを移行すると、1人または複数のユーザーが移行されず、次のエラーメッセージが表示されます。
ターゲットフォレストに "<ユーザー> @ <domainname>" という別の種類の Active Directory オブジェクトが既に存在します。 SMTP アドレスが正しいことを確認してください。

原因


この問題は、移行されていないユーザーオブジェクトがターゲットの Exchange Online 組織にあるために発生します。

解決方法


この問題を解決するには、Exchange Online のユーザーオブジェクトを削除します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Office 365 ポータルに管理者としてサインインします。
  2. [ユーザーとグループ] をクリックし、移行していないユーザーを検索します。
  3. ユーザーを完全に削除します。 この操作は、Office 365 ポータルまたは Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュールを使用して行うことができます。 重要 ユーザーアカウントを削除すると、関連付けられている SharePoint Online と Skype for Business Online (以前の Lync Online) の情報もそのユーザーに削除されます。Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールを使用してユーザーを削除するには、次の手順を実行します。
    1. Azure Active Directory (Azure AD) に接続します。 この方法の詳細については、「 Windows PowerShell を使用して AZURE AD を管理する」を参照してください。
    2. 次のコマンドを実行します。
      Remove-MSOL –UserPrincipalName User@domain.com –RemoveFromRecycleBin 
この手順を実行した後、ユーザーがポータルに表示されなくなったことを確認し、移行を実行します。 

詳細情報


カットオーバー Exchange の移行の詳細については、「一括移行ですべてのメールボックスを Exchange Online に移行する」を参照してください。さらにヘルプが必要な場合 Microsoft コミュニティまたはExchange TechNet フォーラムに移動します。