カットオーバー移行により Exchange Online へメールボックスを移行する際に "A different type of Active Directory object already exists" というエラーが発生する

適用対象: Exchange Online

現象


オンプレミス Exchange 組織から Exchange Online へ、カットオーバーによりメールボックスを移行すると、一部のユーザーが移行されず、以下のエラー メッセージが表示されます。
“A different type of Active Directory object already exists for "<user>@<domainname>.com" in the target forest. Please verify that the SMTP address is correct.”(指定されたフォレストの Active Directory には、別の <user>@<domainname>.com が既に存在します。SMTP アドレスが正しいことを確認してください。)

原因


移行されなかったユーザーは、Exchange Online 組織に既に存在しています。

解決方法


この問題を解決するには、以下の手順に従い Exchange Online に既に存在しているユーザー オブジェクトを削除します。
  1. 管理者として Office 365 ポータルにサインインします。
  2. [ユーザーとグループ] をクリックし、移行できなかったユーザーと同じユーザー オブジェクトを検索します。
  3. このユーザーを完全に削除します。ユーザーの削除は、Office 365 ポータルまたは Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールから実行できます。

    重要: ユーザー アカウントを削除すると、このユーザーに関連付く SharePoint Online および Skype for Business Online (旧名称 Lync Online) 情報も削除されます。

    Windows PowerShell 用 Windows PowerShell モジュールを使用してユーザーを削除する場合は、以下の手順に従ってください。
    1. Azure Active Directory (Azure AD) に接続します。手順詳細については、「Windows PowerShell を使用して Azure Active Directory を管理する」を参照してください。
    2. 以下のコマンドを実行します。
      Remove-MSOL –UserPrincipalName User@domain.com –RemoveFromRecycleBin 
上記手順の実行後、ユーザーがポータルから削除されていることを確認し、移行処理を実行してください。

追加情報


Exchange カットオーバー移行についての詳細は、「すべてのメールボックスを一括移行で Exchange Online に移行する」を参照してください。

その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイト、またはExchange TechNet フォーラムを参照してください。