メモ帳でファイル保存時にメモリ不足のエラーが発生する場合がある

適用対象: Windows Vista Home BasicWindows Vista Home PremiumWindows Vista Business

現象


メモ帳の [右端で折り返す] オプションが有効な場合、IME による文字の変換を行った後にファイルを保存しようとすると、以下のエラー メッセージが表示される場合があります。

メモリ不足のためこの操作を実行できません。Windows アプリケーションをいくつか終了して空きメモリ領域を増やしてから、再実行してください。

本現象ではエラー メッセージ表示時に OK ボタンを押すと、ファイルは保存されます。

原因


メモ帳のファイル保存時にソフト改行を挿入する処理で、必要なリソースのロックが解放されなかったためメモリの確保に失敗し、エラー メッセージが表示されます。

回避策


下記 2 つの何れかの方法により対処することができます。
  1. ワードパッドを使用する
    本現象はワードパッドでは発生しません。また、ワードパッドを既定のプログラムとして変更することで、テキスト ファイルを開いた際にメモ帳ではなくワードパッドを起動させることが可能です。
    Windows の既定のプログラムの変更方法およびワードパッドにつきましては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。


    Windows の既定のプログラムの変更
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/change-default-programs#1TC=windows-7
    ワードパッド
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/products/features/wordpad

  2. メモ帳の [右端で折り返す] オプションを無効にする
    本現象は、以下の手順にてメモ帳の [右端で折り返す] オプションを無効にすることで回避することが可能です。
    1. メモ帳を起動します
    2. メニューバーから [書式] を選択します
    3. [右端で折り返す] のチェックを外します

状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。