DSAccess または ADAcess の PDC エミュレーターを使用すると Exchange Server のパフォーマンスの問題が発生しました。

現象

既定では、DSAccess または ADAccess がプライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) エミュレーター Microsoft Exchange に要求を処理する操作マスターの役割のコンピューターです。この操作を実行可能性がありますパフォーマンスが低下するほかの Exchange 以外のプログラムが PDC エミュレーターの使用を行っている場合。

解決策

この問題を解決するには、状況に応じて以下の方法のいずれかを使用します。

方法 1: Microsoft Exchange 2000 Server およびそれ以降のバージョン

この問題を解決するのには Exchange 2000 サーバーおよびそれ以降のバージョンでは、MinUserDC レジストリ値を追加、PDC エミュレーターを Exchange が使用できるサーバーの一覧から除外します。

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには

MinUserDC レジストリ値を追加するには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 見つけて、レジストリの次のサブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeDSAccess\Profiles\Default
    注: Exchange Server 2007 および Exchange Server 2010 では、MSExchangeDSAccess のサブキーの代わりに MSExchangeADAccess サブキーを見つけます。
  3. [編集] メニューで、値の追加] をクリックし、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: MinUserDC
    データ型: REG_DWORD
    値のデータ:必要に応じて

    注: MinUserDC のエントリでは、合計ユーザーのドメイン コント ローラーの数は、PDC エミュレーターの除外を有効にするために利用可能である必要がありますを決定します。MinUserDC レジストリ エントリが構成されている値のデータは、PDC エミュレーターに連絡するまでに連絡するドメイン コント ローラーの最大数です。たとえば、MinUserDC を 4 に設定すると、これ合計で 4 つのドメイン コント ローラーが利用できる場合にのみ、PDC エミュレーターを除外するのには、DSAccess が構成されます。この条件が満たされると、PDC エミュレーターが使用から除外されているし、DSAccess は残りの 3 つのドメイン コント ローラーとのみ通信します。
  4. レジストリ エディターを終了します。
注:
  • インストールされている service pack とは無関係にこの資料で説明するレジストリの変更を適用する必要があります。
  • Exchange Server Enterprise Edition、プロファイルのサブキーと、既定のサブキーは使用できません。Exchange Server Enterprise Edition では、これらのサブキーを作成してください。
  • MinUserDC の値を決定する場合は、方程式の n - 1、n は、サイト内のドメイン コント ローラーの合計数に等しいを検討してください。この数には、PDC エミュレーターが含まれています。この番号から 1 を減算し、合計が MinUserDC に入力した値にする必要があります。
方法 2: は、Exchange Server 2007 と Exchange Server 2010

Exchange Server 2007 および Exchange Server 2010 では、使用してから、特定のドメイン コント ローラーまたはドメイン コント ローラーの一覧を除外するのにはADAccessコンポーネントを構成するのには、コマンドレットを使用できます。これを行うには、 StaticExcludedDomainControllersオプションと一緒にセット ExchangeServerコマンドを使用します。

セット ExchangeServerコマンドを使用していずれかを除外する方法の例を次またはからの複数のドメイン コント ローラーを使用します。また、次の使用例は、セット ExchangeServerコマンドを実行した後、Exchange 環境の状態を確認する方法を示します。

この例では、次のサーバーがある場合。
ホスト名Domainロール
E2K7-1contoso.comExchange Server 2007
DC-1contoso.comPDC 操作マスターとドメイン コント ローラー
DC-2contoso.comドメイン コント ローラー
DC-3contoso.comドメイン コント ローラー
セット ExchangeServerコマンドを使用すると、DSAccess コンポーネントを使用してから次の表に記載されている 3 つのドメイン コント ローラーを除外する、次の手順を実行します。
  1. Exchange 管理シェルを起動します。これを行うには、[スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントをMicrosoft Exchange Server 2007では、ポイントし、 Exchange 管理シェル] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    セット ExchangeServer-アイデンティティ E2K7-1.contoso.com-StaticExcludedDomainControllers: dc 1.contoso.com,dc 2.contoso.com,dc 3.contoso.com
    このコマンドは、E2K7 1 を指定しているサーバーで DC 1、DC-2、および使用からの DC-2 を除外します。

    注: このコマンドで、各エントリの間にスペースが含まれていないコンマ区切りのリストを使用して個々 のドメイン コント ローラーの完全修飾ドメイン名を指定します。
  3. 除外されたドメイン コント ローラーの一覧を確認するには、次のコマンドを入力し、し、Enter キーを押します。
    Get ExchangeServer-アイデンティティ E2K7-1.contoso.com-ステータス |fl 名、StaticExcludedDomainControllers
注: 対して行った変更を削除し、型は次の Exchange 管理シェル プロンプトで、コマンドし、し、Enter キーを押して、Exchange の既定の動作に戻す場合は。
セット ExchangeServer、E2K7 1.contoso.com StaticExcludedDomainControllers の id: $null

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

Exchange Server 2007 および Exchange Server 2010 では、使用から、特定のドメイン コント ローラーまたはドメイン コント ローラーの一覧を除外するのには ADAccess コンポーネントを構成するのにはセット ExchangeServerコマンドレットを使用することができます。セット ExchangeServerコマンドレットを使用するときに、レジストリを編集する必要はありません。ただし、セット ExchangeServerコマンドレットを使用して、ドメイン コント ローラーを使用から除外する場合は、注意を使用してください。などの場合は、ドメインには、 Domain_Controller_ADomain_Controller_B、およびセット ExchangeServerコマンドレットを使用して、使用してからDomain_Controller_Aを除外するのには、Exchange Server の動作を停止するDomain_Controller_Bは使用できません。

ADAccess コンポーネントによって使用から PDC エミュレーターを除外する MinUserDC レジストリ値を追加することもできます。MinUserDC レジストリ値を使用して、Exchange の要求を処理するために PDC エミュレーターの役割を持つサーバーを有効にする前にドメイン コント ローラーのリソースの最小限のレベルを設定できます。MinUserDC レジストリ値には、セット ExchangeServerコマンドレットを使用する上で次の利点があります。
  • MinUserDC レジストリ値を使用して、PDC エミュレーターの役割を持つドメイン コント ローラーは、他のすべてのドメイン コント ローラーが失敗した場合でも使用可能な。セット ExchangeServerコマンドレットを使用する場合は、PDC エミュレーターの役割を持つドメイン コント ローラーが完全に除外します。
  • MinUserDC レジストリ値を使用して別のドメイン コント ローラー、ADAccess コンポーネントは、PDC エミュレーターの役割がから自動的に除外されたホストを使用するようになりましたし、以前、PDC エミュレーターの役割をホストしているドメイン コント ローラーは、Exchange の要求を処理するために利用可能なことの他のドメイン コント ローラーに、PDC エミュレーターの役割を移動します。

    セット ExchangeServerコマンドレット、および PDC エミュレーターの役割を使用する場合は移動、別のドメイン コント ローラーに StaticExcludedDomainControllers のリストを更新するには、もう一度セット ExchangeServerコマンドレットを実行する必要があります。セット ExchangeServerコマンドレットを再度実行していない場合、移動後、PDC エミュレーターの役割をホストしているドメイン コント ローラーは Exchange 要求を処理するために利用可能になります。さらに、以前の PDC エミュレーターの役割をホストしているドメイン コント ローラーが除外されます。

関連情報

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

MSExchangeDSAccess からイベント ID 2080 316300

812848 ISDN 回線では、WAN のリモート ・ サイトへの接続を 15 分ごと



セット ExchangeServerコマンドの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123716.aspx

プロパティ

文書番号:298879 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

フィードバック