Synchronization Service Manager でドメインベースのフィルタリングに同期サービス変更をすると、同期されない

適用対象: Azure Active DirectoryCloud Services (Web roles/Worker roles)Microsoft Intune 詳細

現象


Active Directory 管理エージェントまたは Active Directory コネクタで、ドメインベースのフィルタリングを変更後、実行プロファイルが同期されず、次のエラー メッセージが表示されます:
“missing-partition-for-run-step” (実行ステップにパーティションが定義されていません)
更に、次のようなイベント ID 6020 が イベント ビューアのログに記録されます:
ソース: FIMSynchronization
イベントID: 6020
説明:
The management agent "Active Directory Connector" failed on run profile "Delta Sync" because a partition specified in the configuration could not be located.
(構成ファイルで指定されたパーティションが見つからないので、管理エージェント ”Active Directory コネクタ” は、実行プロファイル “Delta Sync” を実行できません。)
ユーザー操作:
Refresh and verify the partition configuration for the management agent and the target partition.(管理エージェントのパーティション構成を更新および確認して、パーティションを指定してください。)

原因


この現象は、実行プロファイルが更新されていない場合に、発生することがあります。

解決方法


この問題を解決するには、次の解決方法のうち、適切なものを実行してください。

方法 1: ドメインを同期しないように設定している場合

  1. Synchronization Service Manager で [管理エージェント] タブまたは [コネクタ] タブをクリックする。
  2. Active Directory Domain Services の管理エージェントまたはコネクタ タイプを右クリックし、[Configure Run Profiles] を選択する。
  3. (例えば、{B3C9A66A-4C9C-457A-97B9-A0107037A416} のような) アルファベット文字と数字を含む、パーティション値のあるステップを探し、[ステップの削除] をクリックする。
  4. [適用] をクリックし、次に [OK] をクリックする。
  5. 実行プロファイルごとに、ステップ 3 とステップ 4 を繰り返す。
  6. 管理エージェントまたはコネクタを再度右クリックし、[実行] を選択する。
  7. [完全な同期] を選択し、[OK] をクリックする。

方法 2: 新しいドメインを同期する場合

  1. Synchronization Service Manager で、[管理エージェント] タブまたは [コネクタ] タブをクリックする。
  2. Active Directory Domain Services の管理エージェントまたはコネクタ タイプを右クリックして、[実行プロファイルの実行] を選択する。
  3. 左ペインで、管理エージェントの実行プロファイルを選択する。
  4. [新しいステップ] をクリックする。
  5. プルダウン メニューの [タイプ] から、ステップ 3 で選択した実行プロファイルに類似した選択肢を選び、[次へ] をクリックする。
  6. [パーティション] から追加するドメインを選択し、[完了] をクリックする。
  7. 実行プロファイルごとに、ステップ 3 からステップ 6 を繰り返す。
  8. 管理エージェントまたはコネクタ タイプを再度右クリックし、[実行] を選択する。
  9. [完全な同期] を選択し、[OK] をクリックする。

追加情報


Office 365 コミュニティ web サイトまたは Azure Active Directory フォーラムweb サイトに、より広範囲の情報を掲載していますので、ご覧ください。