Azure Active Directory 同期ツール構成ウィザードを実行すると "Unknown error (0x80005000)" エラーが発生する

適用対象: Office 365 Identity ManagementAzure Active DirectoryCloud Services (Web roles/Worker roles)

現象


Azure Active Directory 同期ツール構成ウィザードを実行すると、処理が完了せず以下のエラー メッセージが表示されます。

Error
Unknown error (0x80005000)

原因


この問題は、Azure Active Directory 同期ツール構成ウィザードがドメインを構成できない場合に発生します。

解決方法


この問題を解決するには、全てのドメイン コントローラーが正常に実行されていることを確認してください。また、不具合のあるドメインまたはドメイン コントローラーを特定する手順は以下のとおりです。
  1. Azure Active Directory 同期ツールをインストールしたサーバー上で Windows PowerShell を起動します。
  2. 以下のコマンドを実行します。

    $Forest = [System.DirectoryServices.ActiveDirectory.Forest]::GetCurrentForest().domains 
    $Forest 
  3. 出力の内容を確認します。

    以下の例では、dev.contoso.com ドメインに接続できていません。これは、出力にドメイン情報が表示されていないことから判断できます。
    Forest                  : contoso.com
    DomainControllers : {ContosoDC01.contoso.com}
    Children : {dev.contoso.com}
    DomainMode : Windows2008R2Domain
    Parent :
    PdcRoleOwner : ContosoDC01.contoso.com
    RidRoleOwner : ContosoDC01.contoso.com
    InfrastructureRoleOwner : ContosoDC01.contoso.com
    Name : contoso.com

    Forest :
    DomainControllers :
    Children :
    DomainMode :
    Parent :
    PdcRoleOwner :
    RidRoleOwner :
    InfrastructureRoleOwner :
    Name : dev.contoso.com
  4. 問題を調査し、解決します。多くの場合、ドメインを管理しているドメイン コントローラーが実行されていない、またはネットワークに接続していないことが考えられます。

追加情報


追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトおよび Windows Azure Active Directory フォーラム Web サイトを参照してください。