IIS で ASP ページからデータベース接続を作成する方法


概要


データベースに対する接続には、多くの方法があります。 この資料では、さまざまな種類のデータベースとデータベース接続に使用する接続文字列の例を紹介します。

必要条件

データベースに接続するための必要条件は、次のとおりです。
  • Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.5 または 2.6 (Jet データベース エンジンを含む) を使用して、ASP (Active Server Pages) を有効にした IIS 5.0 Web サーバー
  • ローカルまたはリモートのデータベースへの接続
  • ASP を有効にした Microsoft Internet Explorer 5.0 またはそれ以降

データベース接続文字列の例

以下の例は、説明のみを目的としたものです。 特定のデータベースに接続するには、この接続文字列を ASP コードに貼り付ける必要があります。 データベース名、サーバー名、データベースの場所、データ ソース名 (DSN) などの要素を変更する必要があることに注意してください。

Microsoft Access

DSN なし
<%
Set Cnn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Cnn.open "DRIVER={Microsoft Access Driver (*.mdb)};DBQ=c:\mydatabase.mdb"
%>
OLE DB
<%
Set Cnn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Cnn.open "PROVIDER=MICROSOFT.JET.OLEDB.4.0;DATA SOURCE=c:\mydatabase.mdb"
%>
ファイル DSN
<% Set Cnn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Cnn.open "FILEDSN=ADSN"
%>
DSN あり、ユーザー ID/パスワードなし
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Conn.open "DSNname"
%>
DSN あり、ユーザー ID/パスワードあり
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Conn.open "DSNname","username","password"
%>
DSN なし、物理パスを使用
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
DSNtest="DRIVER={Microsoft Access Driver (*.mdb)}; "
DSNtest=dsntest & "DBQ=c:\mydatabase.mdb"
Conn.Open DSNtest
%>
DSN なし、Server.MapPath を使用

注: Server.MapPath は Web サーバーのルートからのパスです。 既定では、C:\Inetpub\Wwwroot です。
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
DSNtest="DRIVER={Microsoft Access Driver (*.mdb)}; "
DSNtest=dsntest & "DBQ=" & Server.MapPath("/databases/mydatabase.mdb")
Conn.Open DSNtest
%>

Microsoft SQL Server

OLE DB
<%
Set cnn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
cnn.open "PROVIDER=SQLOLEDB;DATA SOURCE=sqlservername;UID=username;PWD=password;DATABASE=mydatabase "
%>
DSN あり
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Conn.open "DSN=MyDSN;UID=user;PWD=password;DATABASE=mydatabase"
%>
DSN なし
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
DSNtest="DRIVER={SQL Server};SERVER=ServerName;UID=USER;PWD=password;DATABASE=mydatabase"
Conn.open DSNtest
%>

Microsoft Visual FoxPro

DSN なし
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
ConnStr= "Driver=Microsoft Visual Foxpro Driver; UID=userID;SourceType=DBC;SourceDB=C:\databases\mydatabase.dbc"
Conn.Open ConnStr
%>

Oracle

ODBC、DSN あり
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Conn.cursorlocation=adUseClient
' requires use of adovbs.inc; numeric value is 3
Conn.open "DSN=test;UID=name;PWD=pass"
%>
OLE DB
<%
Set Conn = Server.CreateObject("ADODB.Connection")
Conn.cursorlocation=adUseClient
' requires use of adovbs.inc; numeric value is 3
DSNTest="Provider=MSDAORA.1;Password=pass;User ID=name;Data Source=data.world"
Conn.open DSNtest
%>



関連情報


データ型、データ接続、または MDAC コンポーネントの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。