[OFFXP] Office XP Web コンポーネント アップデート (2001 年 8 月 9 日付) の概要

サポートが終了した KB の内容についての免責事項

この記事は、マイクロソフトがサポートを提供しなくなった製品について記述しています。 したがって、この記事は「現状のまま」で提供され、更新されることはありません。

概要

マイクロソフトでは、Microsoft Office XP Web コンポーネントに対する更新プログラム (アップデート) をリリースしました。


この資料では、2001 年 8 月 9 日付の Office XP Web コンポーネント アップデートをダウンロードしてインストールする方法について説明します。


: この更新プログラムは、Microsoft Office XP Service Pack 1 (SP1) に含まれていますが、この資料の「詳細」で説明するとおり、必要に応じて個別に入手することもできます。既に Office XP SP1 を適用した場合には、この更新プログラムを適用する必要はありません。
最新の Microsoft Office XP Service Pack の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307841 [OFFXP] 最新の Office XP Service Pack の入手方法

詳細

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

クライアント用更新プログラム

Office XP を CD-ROM からインストールした場合は、次の手順に従ってクライアント用更新プログラムのダウンロードおよびインストールを実行します。
  1. Web ブラウザを使用して、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
  2. [ダウンロード] をクリックします。[OK] をクリックします。
  3. [保存] クリックして、選択したフォルダに OxpSp2.exe ファイルを保存します。
  4. エクスプローラで、[OxpSp2.exe] をダブルクリックします。
  5. 更新プログラムのインストールを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  6. [はい] をクリックして、使用許諾契約書に同意します。
  7. Office XP の CD-ROM を挿入するように指示されたら、CD-ROM を挿入し、[OK] をクリックします。
  8. インストールが正常に完了したことを通知するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
: この更新プログラムをいったんインストールすると、アンインストールすることはできません。

管理者用更新プログラム

Office XP をサーバーからインストールした場合、サーバーの管理者が管理者用更新プログラムを使用してサーバーを更新した後、更新プログラムをクライアント コンピュータに配布する必要があります。


サーバーの管理者は、次の手順を実行して管理者用更新プログラムをダウンロードしてください。
  1. 下記の Microsoft ダウンロード センターへのリンクをクリックします。
  2. [保存] をクリックし、選択したフォルダに OWC1001a.exe を保存します。
  3. エクスプローラで、[owc1001a.exe] ファイルをダブルクリックします。
  4. [はい] をクリックして、使用許諾契約書に同意します。
  5. [展開されたファイルを保存する場所を指定してください] ボックスに C:\owc1001a と入力し、[OK] をクリックします。
  6. フォルダを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a admin path\MSI file /p C:\owc1001a\owc10_admin.msp SHORTFILENAMES=1
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。


    MSI file は、Office XP 製品の MSI データベース パッケージ名 (ProPlus.msi など) です。
  8. [OK] をクリックします。
  9. この更新プログラムをクライアント ワークステーションに展開するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /i admin path\MSI file REINSTALL=list of features REINSTALLMODE=vomus
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。


    MSI file は、Office XP 製品の MSI データベース パッケージ名 (ProPlus.msi など) です。


    List of Features に適用可能な文字列を、以下の表に示します。
警告 : ここに指定する文字列は、大文字と小文字が区別されます。
製品
MSI ファイル
使用する機能の一覧
Access スタンドアロン
ACCESS.MSI
ACCESSNonBootFiles,OfficeWebComponents10
Office Professional

with FrontPage
PROPLUS.MSI
ACCESSNonBootFiles,OfficeWebComponents10
Office Professional
PRO.MSI
ACCESSNonBootFiles,OfficeWebComponents10
FrontPage スタンドアロン
FP.MSI
OfficeWebComponents10
Office Standard
STD.MSI
OfficeWebComponents10
Excel スタンドアロン
EXCEL.MSI
OfficeWebComponents10


管理者用インストールの更新方法およびクライアント ワークステーションへの展開方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301348 [OFFXP]管理者用インストールをSP-1にアップデートする方法
上記の資料には、管理者用更新プログラムをインストールするための標準的な手順が掲載されています。


または、Microsoft Office XP リソース キットの次の資料を参照することもできます。

管理者用インストールで Microsoft Office XP Web コンポーネントを更新する

Office XP 管理者用インストールでは、Microsoft Office XP Web コンポーネント (OWC) も更新する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a admin path\OWC10.MSI /p C:\owc1001a\owc10_admin.msp SHORTFILENAMES=1
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。
  2. [OK] をクリックします。

Microsoft Office XP Web コンポーネントのインストールされたワークステーションを更新する

"Microsoft Office XP Web コンポーネント" 製品がインストールされたワークステーションでは、Microsoft Office XP Web コンポーネント (OWC) を更新する必要があります。Microsoft Office XP Web コンポーネントがインストールされているかどうかを確認するには、コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] を開き、現在インストールされているプログラムのリストで [Microsoft Office XP Web Components] を検索します。


: 他の Microsoft Office XP プログラムをインストールしていない場合でも、Microsoft Office Web コンポーネントがインストールされている可能性があります。ワークステーションを更新するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /i admin path\OWC10.MSI REINSTALL= ProductFiles REINSTALLMODE=vomus
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。


    : 指定された機能の名前である ProductFiles では、大文字と小文字が区別されます。
  2. [OK] をクリックします。
Office Web コンポーネントのインストールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
288729 [OFFXP] Office XP Web コンポーネントのライセンスと使用について
288732 Office プログラムでの Office XP Web コンポーネントの展開方法

更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

Office XP Web コンポーネント アップデートをインストールすると、OWC10.dll が変更されます。修正プログラムを適用しても製品のバージョンは変更されず、10.0.2627.01 となります。


更新プログラムのインストールが成功したかどうかを確認するには、システム上の Owc10.dll ファイルのバージョンが 10.0.2922.0 となっていることを確かめます。デフォルトでは、Owc10.dll はコンピュータ上の C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Components\10 に配置されています。最後の 4 桁を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[エクスプローラ] をクリックします。
  2. エクスプローラで、ファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。
  3. [バージョン情報] タブをクリックします。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムを適用すると、以下の問題が修正されます。


Office Web コンポーネントのセキュリティ修正 : この更新プログラムには、Web Chart コンポーネントおよび OWC10.DLL に対する修正が含まれており、これらの機能のセキュリティが向上します。


トルコ語版の Office XP Web コンポーネントですべて大文字の PERSIST SECURITY INFO プロパティを使用すると、ADO エラーが発生する : トルコ語版の Office XP で Access Data Project (ADP) を開き、デバッグ ウィンドウで次のような実行コードを実行します。
?currentproject.connection.properties("PERSIST SECURITY INFO").name
ADO エラーが表示されます。


デバッグ ウィンドウで次のようなコードを実行します。
?currentproject.connection.properties("Persist Security Info").name
この場合、エラーは発生しません。
プロパティ

文書番号:300552 - 最終更新日: 2006/01/20 - リビジョン: 1

フィードバック