Word 2013 のルーラー上でインデントを設定後に挿入したワードアートに対して日本語が入力できない

適用対象: Word 2013

現象


Microsoft Word 2013 で、ルーラー上でインデントを変更して設定した後にワードアートを挿入すると、日本語入力が有効の設定でも日本語が入力できず、半角英数字の入力となる場合があります。

この現象は、ルーラー上でインデントを設定した後に、互換モードでWord 97-2003 の形式のワードアートを挿入、もしくは [Alt] + [I], [Alt] + [P], [Alt] + [W] のショートカットキーを押下してワードアートを挿入した場合に発生します。
Word 2010 以前のバージョンでは、この現象は発生しません。

回避策


以下のいずれかの手順にて操作した場合は、日本語入力ができます。

方法 1 : インデントを以下の手順のいずれかにて設定します。
    ・[ホーム] タブの [段落] 内の [インデントを増やす]、[インデントを減らす] を選択します。
    ・[ページレイアウト] タブの [インデント] にて、字数を指定します。

方法 2 : インデントを設定後、一度保存して Word 2013 を終了します。
    その後 保存したファイルを再度起動し、ルーラーを動かさずにワードアートを挿入します。

方法 3 : 既に入力済みの日本語をコピーし、ワードアートの文字入力領域にペーストして入力します。

状況


マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細


問題の再現手順
以下は、問題が発生する手順の一例です。

1. Word 2013 を起動します。
2. Word 97-2003 文書としてファイルを保存します。
3. ファイルを閉じ一度 Word 2013 を終了してから、保存したファイルを互換モードで開きます。
4. ルーラーでインデントを設定します。
5. [挿入] - [ワードアート] から任意のワードアートを選択し、任意の文字を入力します。

結果
日本語で文字入力を行っても、半角英数字の入力となります。