Windows 8.1 のベースのコンピューターが再開しないスリープ (S3) または休止 (S4) からランダムに、RTC ウェイク アップ時間を設定するのにはアプリケーションを実行する場合

現象

次のような状況を考えます。
  • Windows 8.1 のベースのコンピューターを実行しています。
  • できるように、コンピューターが自動的にスリープ解除一定の時間のスリープ状態の後に、RTC ウェイク アップ時間を設定するのにには、pwrtest.exe などのアプリケーションを使用します。

一般的なシナリオでは、pwrtest.exe ツールを使用して、ストレス テストを実行するスリープまたは休止状態のサイクルを実行することです。

このシナリオでは、ランダムにコンピューターが再開しないスリープ (S3) または休止 (S4) から自動的に。ただし場合は、任意のキーまたは電源ボタンを押すと、システムは正常に再開します。

原因

この問題は、特定のアプリケーションで「できるようにするスリープ解除タイマー」で現在の電源プランの設定が無効になっているか「できるようにするスリープ解除タイマー」設定が有効になっているがない別の名前をそれ自体の電源プランが変更された場合に起こります。

マシンが正常に、「許可のスリープ解除タイマー」現在の設定でスリープと休止状態から再開するのには電源プランを有効にする必要があります。Pwrtest.exe は、スリープまたは休止状態のサイクルを実行するために起動する前に現在の電源プランをチェックし、「許可するスリープ解除タイマー」有効になっていない場合に設定有効にします。ただし、スリープ サイクルでは、任意のアプリケーションも電源プランを変更しこの設定を無効にしたり、別に現在の電源プランを変更できます。「できるようにするスリープ解除タイマー」を設定が有効でない場合、現在選択されている電源プランでシステムがスリープまたは休止状態に入ったとき、スリープと休止状態から自動的に再開されません。

Windows 8.1 システムでは、次のスケジュールされたタスクを次のような問題の発生が確認されています。

"\Microsoft\Windows\Sysmain\WsSwapAssessmentTask"

このスケジュールされたタスクは"%windir%\system32\rundll32.exe sysmain.dll,PfSvWsSwapAssessmentTask"プログラムを起動し、この rundll32.exe プロセスは、winsat.exe のプロセスの起動、評価を行う。Winsat.exe を起動すると現在の電源プランを [高パフォーマンス] に変更する、評価の実施、し、変更前に、評価が完了したら、されます。ただし、システムがスリープまたは休止状態に入ったときに、評価が完了しない場合、既定では、「許可のスリープ解除タイマー」[高パフォーマンス] に設定の電源プランが有効になっていないため、システムは自動的に再開することのようにできません。

「できるようにするスリープ解除タイマー」で現在の電源プランを設定または現在の電源を「許可するスリープ解除タイマー」設定が有効になっているがない、別の名前に変更を無効にするか、ユーザー、他のアプリケーションは、結果は同じにできる可能性もあります。

詳細

すべてのユーザーは、電源プランを変更した場合、次のイベントはシステム イベント ログに記録されると想定されます。

ソース: UserModePowerService

イベント内容: {8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c} を {381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e} からポリシー設定をリセットするプロセス < プロセス名 > (プロセス ID:xxxx)

各電源プランでは、GUID に関連付けられます。組み込みシステムの電源プランの GUID を調べるには、次の資料を参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa373177(v=vs.85).aspx

システム以外の組み込みの電源プランでは、クエリの名前とも詳細な構成を"powercfg/query < GUID >"コマンドを実行できます。

システム イベント ログおよび powercfg コマンドの出力からの情報を組み合わせることで任意のプロセスがスリープする前に電源プランを変更したがしない変更は、最後の問題につながるかどうかを考えています。

問題回避策は、一時的に電源プランを変更するプロセスを無効にできます。問題の原因が、WsSwapAssessmentTask タスクである場合は、一時的に回避この問題は、このタスクを無効にできます。
プロパティ

文書番号:3012223 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro

フィードバック