アクセス ID と契約 ID を使用したサポート インシデントの作成


コンテンツ


  1. はじめに

  2. オンラインサブミッションポータル

  3. 手順: アクセス ID と契約 ID を使用したサポート インシデントの作成方法

  4. パートナー向けその他の情報

  5. その他のリソース

はじめに

この記事ではアクセスIDと契約IDを使用してオンプレミス製品のプロフェッショナルサポートインシデントをオンラインで送信する方法について説明します。この手順はVisual Studio やプロフェッショナル サポート オプションの場合と類似します。
オンラインサブミッションは電話で問い合わせることなく(24 時間/7日)いつでも オンラインでリクエストすることができとても便利です。関連資料や添付ファイルを含む問題を入力することができ技術的な問題を速やかに解決するのに役立ちます。


アクセス ID と契約ID はオンプレミスおよび Microsoft Azure テクニカルサポートのリクエスト時に使用します。これはマイクロソフトパートナーネットワークのパートナークラウドサポート (SCS) の特典に含まれます。

Office 365 製品および Azure のサポートを顧客に代わってパートナーが代理管理する場合ーマイクロソフト パートナー向けテクニカル サポートをご参照ください。

サポート契約

サポート契約は複数のプロフェッショナルサポートインシデントがある場合に必要です。この契約は利用可能なサポートインシデントの残高をトラッキングし特典の有効期限を設定するために使用します。 (MPN 契約1年 + 30 日)。 パートナーを識別するためサポートインシデントをオンラインサブミッションにてリクエストするにはアクセスIDと契約ID が必要です。これらは1度のみ入力を求められ、以後のリクエストより関連付けされます。サポート特典を共有するには、アクセス IDと契約 IDを共有してください。 (サインインとパスワードの共有は推奨しておりません)

オンラインサブミッションポータル

製品

ポータル

要件

アクセスIDと契約ID

その他の情報

オンプレミス製品

https://aka.ms/OAS

マイクロソフトアカウントでサインイン

下記記述の手順を参照

 

Microsoft Office 365, Microsoft Dynamics CRM Online

https://portal.office.com

Officeポータルでサインイン

不要

マイクロソフト パートナー向けテクニカル サポート

Microsoft Azure*

https://portal.azure.com

Azureサブスクリプションでサインイン

マイクロソフト パートナー向けテクニカル サポート

すべての製品 + パートナー固有のサポートオプション

http://aka.ms/ContactSupport

パートナープログラムおよび TPDSリクエストはマイクロソフトパートナーアカウントでサインイン

オンプレミス製品に要

パートナーのみ

* 新しい Microsoft アカウントのユーザー名として任意の電子メールアドレスを使用することができます, Outlook.com からアドレス含む, yahoo!, または Gmail.Windows バイス、Xbox LiveOutlook.com、または OneDrive 既にインインしている場合は、そのアカウントを使用してインインしす。

手順: アクセス ID と契約 ID を使用したサポート インシデントの作成方法

概要

オンプレミスの要求をオンラインで送信するには、希望のポータルを選択し、必要に応じてサインインします。IT プロフェッショナル、開発者、またはマイクロソフトパートナーサポートの種類を選択する必要がある場合があります。問題の種類とカテゴリを選択し、セルフヘルプリソースを確認します (ヘルプは種類とカテゴリに基づいて提案されます)。お支払い方法を選択し、既存のサポート契約については、[既存の契約 (アクセス ID) を使用する] を選択し、アクセス ID と契約 ID (1 回) を入力して、問題の詳細を入力し、ファイルを添付 (オプション) してから、リクエストを作成します。リクエストは利用可能なサポートインシデント数から差し引かれます。デクリメントではない件としてクローズした場合のインシデントは自動的に還元されます。

マイクロソフトパートナーネットワークメンバーは、マイクロソフトパートナーネットワークポータルの [特典とアクティビティ] ページからサポートリクエストを開始することができます (下記参照)。ただし、サポートリクエストを送信するには、同じワークフローを使用してアクセス IDと契約 IDを入力する必要があります。

以前インシデントを購入し、オンラインサブミッションリクエストの作成に精通している場合は、このまま手順4に進んでください。

1.オンライン支援サポート (OAS) のワークフローは複数のリンクから、または直接 https://support.microsoft.com/ja-jp/assistedsupportproducts を介して行うか、またはクイックリンク http://aka.ms/OAS を使用してスタートできます。パートナーマイクロソフトパートナーネットワークポータルを通じてインシデントの作成を開始することを選択できます。顧客とパートナーは両者が同じワークフローで行います。オンプレミス製品をクリックまたは検索してください。

注: クラウドのリクエスト (Microsoft Office 365, Microsoft Dynamics CRM Online, など) は、https://portal.office.com より、またAzureについてはhttps://portal.azure.com よりスタートする必要があります。


2.製品 (Windows 8.1 など) を選択した後で、[IT プロフェッショナル、開発者、またはマイクロソフト パートナーとして使用する] を選択してください。

3.[問題のタイプ][カテゴリー] の順に選択し、[お問い合わせを開始] をクリックします。

4.サポート インシデントを送信するときは、支払いオプションを選択する必要があります。マイクロソフト パートナー ネットワーク ポータルで開始した場合、パートナー サポート特典を使用するには、[既存の契約を使用する (アクセス ID)]を選択します。


 

5.[その他の契約を使用する] を選択します。

6.アクセス ID と契約 ID を入力して、[追加] をクリックします。

注:サポート契約が選択した製品の対象外であるか、期限切れになっているか、または利用可能なインシデントがない場合、サービス名は表示されません。

エラーメッセージが表示された場合:

オンライン送信エラー "これらの契約は、" パートナークラウドサポートサービスで使用することはできません。

例)クラウド製品のみ対応可。オンプレミス製品の場合は、基本特典を使用するか、「購入サポート」を選択して、インシデントごとにお支払いください。

基本特典:ゴールド20パック、シルバー15パック、アクションパック10パック の特典はクラウド製品およびオンプレミス製品の最新バージョンを対象としています。

旧製品が Exchange server 2010 などで使用されている場合、旧オンプレミス製品には基本特典ではないためサポートインシデントを作成できません。有償サポートにてご利用いただきますようお願いいたします。基本特典の詳細については、aka.ms/n-1 を参照してください。


7.アクセス ID と契約 ID が検証されると、アクセス ID とサポート オプション (0230242323 - Partner Support Gold 20Pack など) が一覧表示されます。アクセス ID と契約 ID は、初回の使用時のみ必要です。それらは検証されると、サインインに使用したアカウントに関連付けられるので、再び入力する必要はありません。これにより、将来のすべてのリクエストで時間を節約できます。

注: アクセス ID と契約 ID には、0 を含むすべての数字を入力してください。たとえば、0230242323 の場合、0 を入れずに「230242323」と入力すると無効になります。

8. 必要に応じて連絡先情報を編集し、[次へ] をクリックします。

9. 最後のステップは、インシデントを作成することです-現在起きている問題をご説明ください。問題の詳細をより細かく教えていただくことにより迅速に解決できます。追加するスクリーンショットなどがある場合は、ファイルアップロードのオプションを使用します。更にマイクロソフトのサービス契約に同意する必要があります。[送信] をクリックすると、新しいテクニカルサポートリクエストが作成され、契約内容からサポートインシデント数が差し引かれます。サポートリクエスト番号、重要度、および応答時間が表示された内容のメールが送信されます。

パートナー向けその他の情報

詳細についてはマイクロソフト パートナー向けテクニカル サポートを参照ください。

パートナークラウドサポート(SCS

パートナークラウドサポート契約はクラウド製品に限定されています。クラウド以外の製品に使用しようとすると警告が表示されます。


 

アクセスIDおよび契約ID を使用した Azure のサポート

1. https://portal.azure.com 経由で Azure サポートインシデントを作成します。

2. お客様のサブスクリプションに適切なアカウントを使用してサインインしてください。

3. ヘルプとサポート

image1

ヘルプとサポートをクリック

4.サポートプランからサポートベネフィットのリンク付け

image2

5.アクセスIDと契約IDを入力してインシデントを発行します。

Image3

 

Azureのステップガイドについてはこちらをご参照ください。

マイクロソフト パートナー向けテクニカル サポート

 

その他のリソース

お客様とマイクロソフトパートナー

マイクロソフトパートナー