Outlook 2016 for Mac で分類を編集する時に、「Outlook はサーバーへ接続できないため、分類できません」というエラーが表示される

適用対象: Outlook 2016 for MacOutlook for Mac for Office 365

現象


Microsoft Outlook 2016 for Mac で、[分類]、[分類の編集] を順番にクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
Outlook はサーバーへ接続できないため、分類できません。
ネットワーク接続を確認して、再度実行してください。

「Outlook はサーバーへ接続できないため、分類できません」エラー メッセージのスクリーン ショット


Outlook が正常にサーバーに接続していることを確認します。 たとえば、電子メールの送受信などを行います。 ただし、このエラーは引き続き表示されます。

原因


この問題は、マスター カテゴリ リスト (MCL) が破損している時に発生します。 MCL は Exchange サーバーのメールボックスの非表示アイテムの中に保存されています。

解決方法


この問題を修正するには、破損した MCL をリセットします。 このためには、次の手順に従います。

注: この手順を実行すると、分類は既定の値にリセットされます。 したがって、ユーザー設定の分類は失われます。 このため、分類を記録し、それを参照しながら分類を再度作成することを推奨します。

手順 1: 現在の分類を記録する

  1. エラー メッセージが表示されたら、[分類]、[分類の編集] を順番にクリックし、[OK] をクリックします。 これにより、分類が表示されます。
  2. キーボードの Command+Shift+3 キーを押して、スクリーン ショットを撮ります。 このスクリーン ショットはデスクトップに保存します。


手順 2: 破損したマスター カテゴリ リストをリセットする

  1. Outlook Web App にサインインします。
  2. 任意の電子メール メッセージを右クリックし、[分類]、[分類の管理] を順番にクリックします。

    [分類] メニューの [分類の管理] オプションのスクリーン ショット
  3. カラー ブロックの左の矢印をクリックして、任意の分類の色を変更します。次に、別の色をクリックします。 

    [分類の管理] メニューのスクリーン ショット
  4. [OK] をクリックします。
  5. 手順 2 から 4 を再度繰り返して、手順 3 で変更した分類の色を元に戻します。

    注:
    分類を再度整理すると、[分類] リストからユーザー設定の分類がなくなります。

手順 3: 失われたユーザー設定の分類を復元する

  1. [分類]、[分類の編集] を順番にクリックします。
  2. プラス サイン (+) をクリックします。
  3. 手順 1b で撮ったスクリーン ショットを参照して、失われたユーザー設定の分類の名前を正確に入力します。
  4. カラー ボックスをクリックし、この分類に割り当てる色を選択します。

    新しい分類を作成するための [分類の管理] オプションのスクリーン ショット
  5. [追加] をクリックします。
  6. 失われた分類がすべて追加されるまで、手順 2 から 4 を繰り返します。

詳細情報


元のユーザー設定の分類内のアイテムには、元のユーザー設定の分類名が付いたままになっています。 元のユーザー設定の分類内のアイテムを MCL に追加する時に、上記手順に従って色分類項目を割り当てると、これらのアイテムにも色が付いて表示されます。