DISM は、0x800f0906 が失敗した場合または、Windows Server 2012 R2 コア」サーバーでは GUI「を変換すると、継続的に実行される

適用対象: Windows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 Essentials

現象


この問題は、GUI に変換する DISM コマンド、同等の Windows PowerShell コマンド、または他の同様のメソッドを実行するときに発生します。

DISM コマンド変換に使用するにはには、次のスイッチが含まれています。

/enable-feature /featurename:ServerCore-FullServer /featurename:Server-Gui-Mgmt /featurename:Server-Gui-Shell
コマンド プロンプトで次の情報のクラスターのいずれかが表示されます。

  • エラー コード 0x800f0906 のエラーの情報:
    Dism.exe /online /enable-feature /featurename:ServerCore-FullServer /featurename:Server-Gui-Mgmt /featurename:Server-Gui-Shell /source:wim:d:\sources\install.wim:4

    展開イメージのサービスと管理ツール

    バージョン: 6.3.9600.17031

    イメージのバージョン: 6.3.9600.17031

    機能を有効にします。

    [===========================66.7%====== ]

    エラー: 0x800f0906

    ソース ファイルをダウンロードできませんでした。
    「ソース」オプションを使用すると、機能を復元するのにために必要なファイルの場所を指定します。ソースの場所を指定する方法の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=243077 を参照してください。

    DISM ログ ファイルは C:\Windows\Logs\DISM\dism.log にあります。
  • DISM コマンドを停止することがなく長時間実行を継続するための情報。
    Dism.exe /online /enable-feature /featurename:ServerCore-FullServer /featurename:Server-Gui-Mgmt /featurename:Server-Gui-Shell /source:wim:d:\sources\install.wim:4

    展開イメージのサービスと管理ツール

    バージョン: 6.3.9600.17031

    イメージのバージョン: 6.3.9600.17031

    機能を有効にします。

    [===========================66.7%====== ]

注: コマンド プロンプトで進行状況バーは、常に、66.7% のままです。%Windir%\logs\cbs のパスの下にある、 CBS.logファイルのサイズが増加し続けます。

詳細については、CBS ログから

CBS.log ファイルは、次の 2 つのエラーのいずれかを示しています。

  • 2014-11-19 06時 38分: 42、CBS セッションの情報: 30409734_2213032090 の WindowsUpdateAgent のクライアントを初期化します。
    2014-11-19 06時 38分: 42、キャビネットのパッケージの情報の世界を開く、パッケージ ディレクトリ: \\?\C:\Windows\SoftwareDistribution\Download\ea6d57731136ce0c61adfa2056bd76ba\、サンド ボックスの場所: \\?\C:\Windows\SoftwareDistribution\Download\ea6d57731136ce0c61adfa2056bd76ba\、キャビネットの場所: \\?\C:\Windows\SoftwareDistribution\Download\ea6d57731136ce0c61adfa2056bd76ba\windows8.1-kb3000850-x64-express.cab、マニフェストの場所: \\?\C:\Windows\SoftwareDistribution\Download\ea6d57731136ce0c61adfa2056bd76ba\update.mum
    . . .
    . . .
    . . .
    2014-11-19 06時 38分: 49 で、ファイルの情報-DPX の抽出: amd64_microsoft-windows の c.t-resources-mrmcore_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17418_none_dc8ca600359fa9c4\mrmcorer.dll は、コンテナー内に存在ではないために失敗しました。
    2014-11-19 06時 38分: 49、CBS 非同期セッションの情報: 30409734_2213032090 を終了します。[HRESULT = 0X80070002 - ERROR_FILE_NOT_FOUND]
  • 2014-11-19 23時 41分: 22、情報 CBS いないパッケージが見つかりません: Package_for_KB2959977 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.3.1.1 キャッシュされた windows からは、インデックスを更新します。[HRESULT = 0X800F090D - CBS_E_MISSING_PACKAGE_MAPPING_INDEX]
    2014-11-19 23時 41分: 22、情報パッケージを検索するのには、CBS が失敗しました: Package_for_KB2959977 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ インデックス マッピングから 6.3.1.1 [HRESULT = 0x800f090d - CBS_E_MISSING_PACKAGE_MAPPING_INDEX]
注: エラー時に表示される更新プログラムが異なる場合があります。これらのエラーの原因は、CBS のコンポーネントとインデックス ファイルの更新自体ではないのです。サンプル出力とエラーに記載されている更新プログラムの一覧の既定の内部テストに基づいていますがない追加の機能や役割が有効になっている Windows Server 2012 R2 のコア インストールの更新します。

「CBS ログからの関連情報」セクション最初の箇条書き項目の原因

この問題は、変換ファイルを 1 つの updateID の一部としてバンドルされている更新プログラムのダウンロードを必要とする場合に発生します。
テストはローカルの中核となるサーバー上の以下の更新プログラムには、その存在と、DPX 抽出 0x80070002 エラーで失敗することへの変換。
  • 3000850
  • 3003057
  • 3014442
  • 2919355
  • 2959977
注: UpdateID のサンプル値を表示するには、%windir%\servicing\packages のパスの下にある wuindex.xml ファイルを開くし、 updateID文字列を検索します。

「CBS ログからの関連情報」セクションの 2 番目の箇条書きの原因

<Map Package="package_for_kb2959977~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.1"/> エントリが、%windir%\servicing\packages\wuindex.xml ファイル内の、updateID 8452bac0-bf53-4fbd-915d-499de08c338b 下で失われていることが原因です。