Office アプリケーションで PDF 形式のファイルを保存する時にパスワードを設定する方法

適用対象: Microsoft Word 2010Excel 2010PowerPoint 2010

詳細


Microsoft Office では、アプリケーションの種類や操作手順によって、PDF 形式で保存するときのパスワード設定可否が異なります。
パスワードを設定できるアプリケーション : Word、Publisher

ただし、Word ではパスワードを設定できない手順があります。
パスワードを設定できないアプリケーション : Excel、PowerPoint、Visio



- パスワードを設定できるアプリケーションと手順

Word および Publisher では、PDF 形式のファイルを保存するときにパスワードを設定することができます。
ここでは Word 2013 および Publisher 2013 で保存するときの手順を説明します。 

Word 2013

手順 :
1. [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で [PDF (*.pdf)] を選択します。
2. [オプション…] ボタンをクリックし、[オプション] の [ドキュメントをパスワードで暗号化する] をチェックして [OK] をクリックします。
3. [PDF ドキュメントの暗号化] ダイアログで、パスワードを入力して 、[OK] をクリックします。
4. [名前を付けて保存] ダイアログで [保存] をクリックします。

* ただし、後述の Notes に記載する手順では、PDF 形式で保存する時にはパスワードを設定できません。

Publisher 2013

手順 :
1. [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で [PDF (*.pdf)] を選択します。
2. [オプション…] ボタンをクリックし、[発行オプション] の [文書をパスワードで暗号化する] をチェックして [OK] をクリックします。
3. [PDF ドキュメントの暗号化] ダイアログで、パスワードを入力して、[OK] をクリックします。
4. [名前を付けて保存] ダイアログで [保存] をクリックします。



- パスワードを設定できないアプリケーションと手順

Excel や PowerPoint、Visio では、PDF 形式のファイルを保存するときにパスワードを設定することはできません。
ここでは例として PowerPoint 2013 で保存するときの手順を説明します。

PowerPoint 2013

手順 a :
1. [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で [PDF (*.pdf)] を選択します。
2. [ツール] - [全般オプション] で [読み取りパスワード] を入力して [OK] をクリックします。
3. [名前を付けて保存] ダイアログで [保存] をクリックします。

手順 b :
1.    [ファイル] タブの [情報] - [プレゼンテーションの保護] – [パスワードを使用して暗号化] でパスワードを入力して [OK] をクリックします。
2.    [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で [PDF (*.pdf)] を選択して、[保存] をクリックします。

Notes :
なお、以下の手順では、警告もしくは制御され、パスワードを設定することはできません。

・Word で [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で [PDF (*.pdf)] 形式を選択後、[ツール] - [全般オプション] で  [読み取りパスワード]  を入力して保存すると、以下の警告が表示されます。

「この文書は保護されています。このバージョンの Word 文書以外の形式で保存すると、文書の保護は解除されます。操作を続けますか?」

・Excel で [名前を付けて保存] ダイアログの [ファイルの種類] で  [PDF (*.pdf)]形式を選択後、[ツール] - [全般オプション] の [読み取りパスワード] 欄がグレーアウトされます。

関連情報


文書を PDF に変換する - Word 2013
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HA102850064.aspx

文書を保存して送信する - Publisher 2010
http://office.microsoft.com/ja-jp/publisher-help/HA101792296.aspx