修正: メモリの消費は、迅速に増加し、多対多でクエリを実行すると、HardMemoryLimit を超えるディメンション

現象

Microsoft SQL Server 2012 の分析サービス (SSAS 2012) または SSAS 2014 を使用することを想定しています。に対してマルチ ディメンション式 (MDX) クエリを実行すると多対多の寸法、メモリ消費量が増加、非常に短時間といくつかの時間後にHardMemoryLimitを超えます。ただし、消費されたメモリの合計サイズがHardMemoryLimitを超えたときに期待どおりに MDX クエリがキャンセルされない場合があること。物理メモリが不足すると、サーバーが応答しなくなる可能性があります。

解決策

累積的な更新プログラムの情報

問題最初に修正されました次の累積的な更新プログラムで SQL Server の。

SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:3029776 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence

フィードバック