[MS15-028] Windows タスク スケジューラの脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる (2015 年 3 月 10 日)

適用対象: Windows Server 2012 R2 DatacenterWindows Server 2012 R2 StandardWindows Server 2012 R2 Essentials 詳細

概要


このセキュリティ更新プログラムは、非公開で報告された 1 件の Windows の脆弱性を解決します。この脆弱性により、権限が限定されているユーザーが影響を受けるシステムでタスク スケジューラを使用して実行権限のないファイルを実行できるようになる可能性があります。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-028 を参照してください。

更新プログラムを入手してインストールする方法


方法 1: Windows Update

この更新プログラムは Windows Update から入手できます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムが自動的にダウンロードされてインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは Windows Update からのみ入手できます。

詳細