更新プログラムのロールアップ 6 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の

適用対象: System Center 2012 R2 Data Protection Manager

概要


この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 6 で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 6 のインストール手順が含まれています。

注:
  • 更新プログラムのロールアップ 6 の Data Protection Manager のエージェントの更新プログラムを適用した後に保護されたコンピューターを再起動する必要があります。保護されたコンピューターを再起動しない場合は、いくつかのバックアップ ・ ジョブは失敗します。
  • Windows Azure の顧客に、既存の Data Protection Manager (バージョン 2.0.8693.0 またはそれ以降のバージョン) は、最新のエージェントをアップグレードします。最新のエージェントがインストールされていない場合は、オンライン バックアップが失敗し、Windows Azure の操作に、Data Protection Manager が動作しません。

この更新プログラムのロールアップに実装されている機能

  • 保護グループの削除中にオンラインのバックアップ ・ データを保持するオプション

    保護グループ (PG) を削除すると、Azure またはローカル ディスク上にバックアップ ・ データを保持することを選択があるようになりました。[回復] タブのサーバーから、他のリカバリ ・ ポイントと、保持されているデータを常に参照できます。保護グループを削除するには、次の手順を実行します。
    1. 削除すると、PG が表示ストレージ オンラインの削除のオプションを使用して次のスクリーン ショットでわかる。

      Delete Storage Online
    2. Azure でオンライン バックアップを保持する場合、オプションをオフにする] をクリックします。
    3. Azure からオンライン ・ バックアップ ・ データを回復する、回復] タブを見つけて、オンライン ・ バックアップが保持するのには実稼働サーバーを選択します。
    4. データを回復する回復ポイントを選択します。

  • DPMDB として SQL Server 2014 のサポート

    DPM 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ 4年では、ワークロードとして 2014 を SQL Server を保護するためのサポートが追加されました。このリリースでは、使えるようになりました SQL Server 2014 DPM 構成データベースとして SQL Server 2014 で DPM 2012 R2 の更新プログラム ロールアップ 6年サーバーをホストすることができますように。

    DPM データベースとして SQL Server の 2014 のサポートが追加されるため更新プログラム ロールアップ 6 に、SQL Server の 2014 の DPM 2012 R2 のリリース バージョンはインストールされません。2014 の SQL Server にアップグレードするには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server 2012 では、DPM 2012 R2 のリリース バージョンをインストールします。
    2. 更新プログラムのロールアップ 6 に DPM をアップグレードします。
    3. 2014 の SQL Server に SQL Server をアップグレードします。
  • Microsoft Azure Data Protection Manager を使用するシステムの状態および BMR のワークロードの保護

    システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 6 に Data Protection Manager は今すぐ Microsoft Azure にシステムの状態および BMR のワークロードを保護できます。この更新プログラムを適用した後、これらのワークロードのオンライン保護オプションを有効なります。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 問題 1

    DPMAM サービス、DPMWriter サービスは開始されませんし、DPM の更新プログラムのロールアップのインストール中に既定の時間を停止します。インストール エラーが発生します。

  • 問題 2

    DPMRA サービスがクラスターの高トラフィックを持つクラスターでの多数の仮想マシン (Vm) を保護することはときに断続的にクラッシュします。

  • 問題 3

    ワークロードのオンライン保護を再度有効にするを無効にしようとすると、DPM サービスが予期せず停止します。

  • 問題 4

    プライマリ DPM を災害復旧 (DPM DR) のシナリオでのセカンダリ DPM サーバーに接続を有効にするには、添付 ProductionServer.ps1 コマンドレットが向上します。

    コマンドの構文は次のとおりです。

    接続 ProductionServer.ps1 ・ DPMServername [セカンダリ DPM] PSName [プライマリ DPM] ユーザー名 [PS admin のユーザー名]-[パスワード]-ドメインの [ユーザーのドメイン]


  • 問題 5

    ユーザーが DPM の更新プログラムのロールアップのインストール時に有効なグループ ポリシーを使用している場合、次のエラー メッセージが表示ことがあります。

    Microsoft システム センター 2012 R2 Data Protection Manager のアップデートに失敗しました。

    ただし、更新プログラムが正常にインストールされます。

  • 問題 6

    リダイレクトの詳細情報リンクが含まれていますし、DPM のポップアップ エラー メッセージを受信すると、リンクが正常にリダイレクトします。これが原因で、"ページが見つかりません"というエラーです。

  • 問題 7

    DPM の更新プログラム ロールアップ 5 にアップグレードした後にシステムの状態または BMR を保護する場合、コンソールはクラッシュしたり、DPM の照会は実行中に応答しなくなる可能性があります。この問題の修正は、更新プログラム3040326にリリースされ、この更新プログラムにも含まれます。

  • 問題 8

    FIPS 暗号化を使用してテープへの暗号化されたバックアップが実行されると、DPM サービスがクラッシュします。

  • 問題 9

    PS コンピューターを選択した後でも、ページの作成/変更ウィザードの [更新] ボタンを無効にすることがあります。

  • 10 の問題

    推奨される操作を適用した後、ポリシーの不一致の警告を解決できません。

  • 問題 11

    Dedup のボリュームを持つ Windows 2012 R2 フェールオーバー クラスターの DPM 可能性がある場合によってはバックアップを実行、最適化されていません。

  • 問題 12

    ファイル サーバーのクラスター化されたデータ ソースとの画面上の Create\Modify\Delete は、197 のエラーで失敗するまたはコンソールのクラッシュが発生する可能性があります。これは具体的には、DPM の更新プログラム ロールアップ 5 をインストールした後に発生します。

  • 問題 13

    オンライン バックアップを有効にした場合、既存のページの Azure のバックアップ ・ スケジュールは変更できません。

  • 問題 14

    保護ウィザードでクラスターのホストを展開すると、DPM の UI がクラッシュする可能性があります。

  • 問題 15

    ロケールによっては、[更新] ボタンと周囲のテキストで表示されない保護ウィザードです。


入手してシステム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 6 をインストールする方法

ダウンロード情報

更新プログラム パッケージには、Data Protection Manager では、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Data Protection Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。
  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。
手動で更新プログラム パッケージのダウンロード
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の web サイトを参照してください。