2014 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6

概要

説明 6 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 12.0.2480.0) 2014 の Microsoft SQL Server のです。この更新プログラムには、SQL Server 2014 のリリース後に修正された問題に対する修正プログラムが含まれています。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

「修正プログラム ダウンロード利用可能な」このサポート技術情報の記事の上部にあるをクリックします。"修正プログラムの要求] ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
37206412840657FIX、SQL Server 2012 または SQL Server の 2014 の MDS の複数のレコードをステージするとパフォーマンスが低下します。マスター データ サービス (MDS)
37206322994082SQL Server 2012 または SQL Server の 2014 のいくつかのグループまたは MDS 内のユーザーのモデルを編集するときにエラーを修正します。MDS
37206672995211SSRS 2012 または 2014年レポートでグラフの系列ラベルの回転角度を 90、または-90 度より小さいより大きい設定するときは、[不正なエラーを修正します。レポート サービス
40672942995622FIX:「指定されたキャストが正しくありません」SSIS 2012 または SSIS 2014 のタイム ゾーン情報を含む XML ドキュメントを読み込むと統合サービス
37206452997020修正:「同じキーを持つ項目は既に追加されて」エラー SSRS 2012 または 2014 でレポートを確認するとレポート サービス
37206523000494スライダーの表示モードで開くと、空白 PowerView レポートからエクスポートされた、PowerPoint ファイルのスライドを表示します。レポート サービス
37206733000562修正: ImageConsolidation デバイス情報設定が機能しない、RSReportServer.config ファイルで指定されている場合レポート サービス
37206743001713修正: .csv ファイルに含まれるフィールドの区切り記号 SSRS 2012 または SSRS 2014 内のデータがない tablix のあるレポートをエクスポートすると、レポート サービス
37206793003102修正: [最終実行] 列の日付の値は、SSRS 2012 または SSRS 2014 の詳細ビューをレポート マネージャーの空白レポート サービス
40672783006838キューブの書き戻しのコミットと処理のトランザクションが同時に実行されたときに FIX SSAS 2012 または SSAS 2014 のインスタンスがクラッシュします。分析サービス
37206923008135修正: ドル、ドル、およびその他の省略名が正しく変換されないスウェーデン語またはイタリア語の Power View レポートでSQL サービス
37206933008416SSRS 2012 または SSRS 2014 で行列の式の Lookup 関数を使用する場合、レポートの表示で重複したレコードを修正します。レポート サービス
40672793010148修正: 管理者以外の役割を受信できない ChildCount 見積もりの正しい SSAS の親子ディメンションのリーフ メンバーの分析サービス
37206913010773修正: Power View のレポートは、SharePoint の SSRS では、折れ線グラフの不適切な値をプロットの統合モードSQL サービス
40672803011465FIX シーケンス オブジェクトが生成される重複したシーケンスの値と、メモリの負荷の下では、SQL Server 2012 または SQL Server の 2014SQL サービス
37206613013551修正: SQL Server はスクリプト アップグレード モードで SQL Server の修正プログラムまたはセキュリティ更新プログラムを適用した後、長い時間SQL サービス
37206683013553SSIS 2012 または SSIS 2014 で大きな入力ファイルで、XML の検証の制御フローのタスクを実行すると、FIX メモリ不足エラーが発生統合サービス
40672653016165FIX] SQL Server のパブリケーションに対してサブスクリプションを手動で初期化を追加すると、算術オーバーフロー エラーが発生します。SQL サービス
40672853016384SSAS 2012 または SSAS 2014 ProcessData とし、ProcessRecalc の操作を実行した後の修正: データベースの破損分析サービス
40672893017544FIX SSAS 2012 または SSAS 2014 がクラッシュする書き戻しのトランザクションのコミットおよびバッチ処理を同時に実行するとき分析サービス
40672913019110FIX「重複した名前は許可されていません」エラー SharePoint 2013 では、Power View レポートに複数のフィルターを追加する場合SQL サービス
40673003021757FIX 関数の値を次のと同時に sp_sequence_get_range を実行するときに重複したシーケンスの値が生成されます。SQL サービス
39898013023634FIX] SQL Server 2012 または SQL Server 2014 MDS でビジネス ルールを使用すると、変換エラーが発生します。MDS
40673013024790修正: SQL Server 2012 の SP2 CU2 更新をインストールできない、SQL ライターが英語以外のバージョンを SQL Serverセットアップとインストール
39864653024815SQL Server の 2014 年の RESOURCE_SEMAPHORE_QUERY_COMPILE になるまでの大規模なクエリのコンパイルSQL パフォーマンス
40673053025408FIX: アクセス違反が発生を実行し、SSAS 2012 または SSAS 2014 内の個別のカウントのパーティションにクエリをキャンセルし、分析サービス
39154023025845FIX トランザクション分離レベルが誤って設定されて SQL Server の 2014 年の SQL Server の接続がリリースされたときSQL サービス
40672603026082SQL Server 2012 または 2014 の修正: システム テーブルの行セットのキャッシュに SOS_CACHESTORE スピン ロックの競合が原因 CPU 使用率が高いSQL サービス
40672633026083SQL Server 2012 または 2014 修正: アドホック SQL Server のプラン ・ キャッシュに SOS_CACHESTORE スピン ロックの競合が原因 CPU 使用率が高いSQL サービス
40673103027214修正: SQL Server 2012 または SQL Server 2014 のメンテナンス プランで大きなオブジェクト テーブルに対してオフライン インデックスを再構築する管理ツール
39671053027847ドイツ語版 Windows オペレーティング システムで SQL Server 2014 MDS のドイツ語を使用すると変換エラーが発生の日付を修正します。MDS
39168943027860SQL Server 起動時のエラー 17066 または 17310SQL サービス
40673133028216FIX SSAS 2012 または SSAS 2014 内のディメンションのプロアクティブ キャッシュがトリガーされると、クラッシュが発生します。分析サービス
40673023028226FIX SSRS 2012 または SSRS 2014 レポートの既定値を持つパラメーターを変更しようとすると、エラーが発生します。レポート サービス
40672753028322修正: SSRS 2012 または SSRS 2014 でレポートをレンダリングするのにいつもより長い時間がかかりますレポート サービス
40672963029126修正: 内部エラーが発生した Power View で SSAS 2012 または SSAS 2014 のマルチ ディメンション キューブにアクセスするために使用されている場合分析サービス
38564393029762FIX: アクセス違反が発生 SQL Server の 2014 年の columnstore インデックスがクラスター化されているテーブルから行を削除すると、SQL サービス
40673123029825修正: DBCC CHECKDB および DBCC CHECKTABLE 時間がかかる SQL Server 2012 または SQL Server 2014 で SQL CLR Udt が関係するときに実行するにはSQL パフォーマンス
40015833029977OS エラーの修正: 665 2014 年の SQL Server の columnstore インデックスを含むデータベースの DBCC CHECKDB コマンドを実行すると、SQL サービス
38853663030041FIX SQL Server 2014 の CU4 をインストールした後、データベース エンジンに接続するときにエラーが発生します。セットアップとインストール
39215213030325修正: スケジュールされた更新のみ毎日発生するその他の SQL Server 2014 PowerPivot データの更新のすべての曜日ではなく分析サービス
38914073030326修正: エントリは記録されなく [履歴] ページでは、SharePoint 2013 の PowerPivot データの更新をカスタマイズするとき分析サービス
374996130306192014 年の SQL Server のクエリに修飾子として日付/時刻型を使用するときに返される不適切なデータを修正します。SQL サービス
37456453032067FIX とアクセス拒否の SQL Server の 2014 年の MDS の web サイトに新しく追加されたユーザーを参照します。MDS
38917623032068修正: MDSTrace.log ファイルは生成されません、MDS 2014 の web.config ファイルでトレースを有効にした後MDS
40984623032087FIX では、最新の SQL データベースの更新プログラム V12 に接続した後に要求されたダイアログを表示できません (プレビュー) を SQL Server の 2014管理ツール
38593993034297FIX は、SQL Server および SQL Server エージェントが数日間実行すると、sqlagent.exe で作成した接続を閉じることはできません。管理ツール
40722353034615修正: メモリ リークが発生する 2014 年の SQL Server のデータベースに対して DBCC CHECKDB を実行します。SQL サービス
40457763034679修正: AlwaysOn 可用性グループは同期するいないと報告されました。高可用性を実現
40843803035071修正:「データベース名を使用」または「Stored_Procedure_name の実行」コマンド、クエリを実行するときにエラーにはが含まれます。管理ツール
40844133035077FIX は、Azure の SQL データベースの V12 の追跡、変更の追跡をサポートする変更を有効にできません。管理ツール
405073630351658646 2014 年の SQL Server のクラスター化された columnstore インデックスを持つテーブルに対して DML ステートメントを実行するときの FIX エラーSQL サービス
38949423036328修正: statement_start_offset 列の値が正しくない SQL Server の 2014 年の DMV sys.dm_exec_requests でSQL サービス
39889423036330FIX は SQL Server 2005 のインスタンスに接続する 2014 SQL プロファイラーの SQL Server を使用することはできません。管理ツール

この更新プログラムのメモ

累積的な更新

  • それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。
  • 最新リリースの更新プログラムを適用することをお勧めします。
    • この累積的なパッケージは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみ適用します。
    • 最新の更新プログラムのリリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2014 に含まれていたすべての更新プログラムのリリースの更新します。
  • 2014 の SQL Server の次のサービス パックには、SQL Server をアップグレードすることをお勧めします。

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、ミラーリング、またはクラスター) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、修正プログラムを展開する前に以下の記事が表示されることお勧めします。
言語のサポート
コンポーネントを更新
この更新プログラムのサポート
この更新プログラムをアンインストールする方法

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、2014 の SQL Server を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。
累積的な更新パッケージ ファイル情報
プロパティ

文書番号:3031047 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, SQL Server 2014 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence

フィードバック