Internet Explorer 11 で ATOK 使用時、ime-mode: active 指定でカナ入力モードになる


現象


Internet Explorer 11 とジャストシステム社 ATOK を組み合わせて使用している場合、HTML 上で ime-mode: active が指定された要素にフォーカスを移動すると、入力モードが「カナ漢字入力」になることがあります。

原因


本現象は、Internet Explorer 11 が Conversion Mode のフラグ値を適切に保持できていないために発生します。

回避策


Web サイト管理者
Web サイト側で問題を回避するためには、IE8 標準モード以下のドキュメント モードを使用します。
例えば、IE8 標準のドキュメント モードを使用するには、次の HTTP 応答ヘッダーまたは meta タグを使用します。

- HTTP ヘッダー
X-UA-Compatible: IE=8

- meta タグ
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">

Web サイト利用者
Internet Explorer の設定で問題を回避するためには、以下の手順で問題が発生している Web サイトを互換表示に追加します。
  1. Internet Explorer のメニューの [ツール] - [互換表示設定] をクリックします。
  2. 追加する Web サイトのアドレスを確認し、[追加] ボタンをクリックします。互換表示設定
  3. [閉じる] ボタンをクリックして、ダイアログを閉じます。

ただし、Web サイト側でドキュメント モードを明示している場合に問題を回避できなかったり、互換表示で Web サイトが正しく動作しなかったりする可能性があります。その場合は、ATOK の設定による回避をお試しください。

ATOK の設定で問題を回避するためには、ジャストシステム社のサポート情報を参照ください。

注意 :
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。