2014 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 7

累積的な更新プログラム パッケージ 7 を説明する (ビルド番号: 12.0.2495.0) の Microsoft SQL Server の 2014。この更新プログラムには、SQL Server 2014 のリリース後に修正された問題に対する修正プログラムが含まれています。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

「修正プログラム ダウンロード利用可能な」このサポート技術情報の記事の上部にあるをクリックします。"修正プログラムの要求] ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
43266023038332修正: データの警告のテーブルはいっぱいいるし、SSRS 2012 または SSRS 2014 レポートのアラートを使用する場合、古いデータを消去できません。レポート サービス
42107823042544FIX: 入れ子になったループ結合を必要とするクエリに時間がかかります SQL Server の 2014 年のSQL パフォーマンス
43265993044958FIX DBCC CHECKDB を実行すると、SQL Server はシャット ダウンが予期せず、スナップショットにロールバック ・ リカバリが失敗します。SQL サービス
43362623029776修正: メモリの消費は、迅速に増加し、多対多でクエリを実行すると、HardMemoryLimit を超えるディメンション分析サービス
43265963020350修正: 子の SSIS パッケージの別のセットが含まれている SSIS パッケージを実行すると、ISServerExec がクラッシュします。統合サービス
42213682867316FIX、SQL Server 2012 または 2014年、Microsoft Azure のバイナリ ラージ オブジェクトの記憶域サービス データベースを復元できません。SQL サービス
43266013034492修正:「Excel Services のエラーが返される呼び出し」エラー PowerPivot ギャラリー内のドキュメントを更新する場合分析サービス
43362673033041修正: エラーが発生し、フラット ファイル ソースに接続する SSIS パッケージを実行するときに実行がハングします。統合サービス
43265973032476修正: USERSTORE_SCHEMAMGR と CPU のスパイクでメモリ リークが発生する場合に発生する SQL Server 2012 で、一時テーブルまたは 2014 を使用します。SQL サービス
41987873042683FIX 2014 年の SQL Server の DTS パッケージをアップグレードする場合、データ ツールのエラーが発生します。統合サービス
43265953036601修正: SQL Server 2012 または 2014 MDS を使用するときに作成される履歴をクリーンアップするのには次の 3 つのストアド プロシージャを追加します。マスター データ サービス (MDS)
40931973036330FIX は SQL Server 2005 のインスタンスに接続する 2014 SQL プロファイラーの SQL Server を使用することはできません。管理ツール
43265983038331修正: サブスクリプションのパラメーターを含むクエリはときに発生する複数回 SSRS で新しいサブスクリプションを作成します。レポート サービス
43266053038267修正: エラー SSRS レポートを Reporting Services レポート マネージャーにアップロードするときに発生する「[BC30494] の行が長すぎます」レポート サービス
43362643037624修正: 複雑な並列クエリは SQL Server 2012 または SQL Server 2014 内に応答しません。SQL パフォーマンス
41666313046893SQL Server の 2014 年の Excel 用 MDS アドインの 1900 年 3 月 1 日より前に、の日付を追加するときに一貫性のないデータを修正します。MDS
44440983053040修正: 非表示の MDS データ エントリが削除が予期せず 2014 年の SQL Server の Microsoft Excel のマスター データ サービス アドインを使用する場合MDS
40673033023620修正: SharePoint 2013 の PowerPivot でスケジュールされているデータの更新を構成した後、継続的な更新が発生します。分析サービス
40672933020750修正: エラーまたは"データ更新-最近のアクティビティ] の下にあるブックのリンクをクリックすると、空白のページ分析サービス
40672863025968修正: SSRS のページには詳細ビューでラベル付けされていないチェック ボックスが含まれています。レポート サービス
40672583023629DTExec ユーティリティを使用して、SSAS データ マイニング モデルを処理した後の修正: 高い cpu 使用率の使用分析サービス
42025133044160修正:"ReportServer:Service"のオブジェクトの下のパフォーマンス カウンターを表示する SSRS の 2014 年のゼロレポート サービス
42656523042370AlwaysOn セカンダリのレプリカがクラッシュしたり、3961 AlwaysOn データベースは、2014 年の SQL Server の CLR UDT をされたときのエラーを発生させます。SQL サービス
43266003042135FIX] SQL Server 2012 または SQL Server 2014 を使用するとアクセス違反が発生し、「例外する必要がありますは発生しませんこのコードで」エラーが発生します。SQL サービス
43266063042077FIX MDX クエリ結果を返しますが正しくない SSAS 2012 または SSAS 2014 で、UPDATE CUBE ステートメントの後に選択を実行すると分析サービス
43266143041859FIX sqlncli11.dll ODBC ドライバーを使用して、アプリケーションで SQL Server にアクセスするときにパフォーマンスの問題が発生します。SQL 接続
43266113041056修正: SQL Server 2012 の SP2 の累積的な更新プログラム 3 の SSRS で破損している、tablix データ領域が表示されます。レポート サービス
43266093040675修正: e メール通知とデータ ドリブン サブスクリプションを示しています「エラーなし」で、SSRS 2012 または SQL Server の 2014 電子メールの配信が失敗したときレポート サービス
43266073039035[FIX] パラメーターの型を推定できない」では、SQL Server 2012 または SQL Server の 2014 sp_describe_undeclared_parameters を実行するとSQL サービス
43266083040804修正: SSIS 2012 または SSIS 2012 で、XML の検証タスクを実行すると「アクセスが拒否されました」エラーが発生します。統合サービス
43455943053664修正: 2014 年の SQL Server のクエリ パフォーマンスの向上を実現する columnstore インデックスのメモリ管理の向上SQL サービス
42199293041476FIX SQL Server にリカバリを追加または、2014 年の SQL Server のデータ ファイルを削除した後にデータベースを開くに時間がかかるSQL サービス
42532353045410FIX DECRYPTBYKEY 関数を使用するクエリが SQL Server の 2014 年の完了に長い時間かかるSQL セキュリティ
40569443048752修正: 選択クエリを実行するようにバッチ ・ モードの並列スキャンでは、2014 年の SQL Server のデッドロック状態があります。SQL サービス
42033883041967修正プログラム: レポートのこのセクションのデータを取得する「できません」エラーが SQL Server の 2014 年のサービス ブローカー統計レポートの提出を依頼するとき管理ツール
42332703026954修正: CatalogFolder.DeployProject は、SQL Server の 2014 年のプロジェクトを配置するときに、完了する時間が長くなります。統合サービス
40987603055799修正:「一括読み込みできません」とエラーが発生するクエリを実行するには INSERT ステートメントにはが含まれていますとフラグ 4199 のトレースし、610 は 2014 の SQL Server を実行しているサーバー上で有効になっています。SQL パフォーマンス
43027393052404修正: 2014 の SQL Server を実行しているサーバーに接続するのにはトランスポート層セキュリティ プロトコルのバージョン 1.2 を使用することはできません。SQL 接続
42494513052244「一意である必要があります」アクションは、SQL Server 2014 マスター データ サービスを使用して属性の評価と、不適切な結果を修正します。MDS
42086963051798修正: テーブルの値を変更後に分割し、SQL Server Analysis Services のテーブルをパーティション分割分析サービス
43069653051663FIX"8156: データベース エラーが発生しました"SQL Server 2014 マスター データ サービスでビジネス ルールを実行するときMDS
43296493048856FIX] 2014 年の SQL Server の複数の一括挿入ステートメントを含むクエリを実行するとエラー 3624 が発生します。SQL サービス
40673063027232SharePoint 2013 用の SQL Server PowerPivot でセキュリティで保護されたストアの ID を定義することによってデータの更新をスケジュールするときにエラーを修正:分析サービス

この更新プログラムのメモ

累積的な更新

  • それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。
  • 最新リリースの更新プログラムを適用することをお勧めします。
    • この累積的なパッケージは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみ適用します。
    • 最新の更新プログラムのリリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2014 に含まれていたすべての更新プログラムのリリースの更新します。
  • 2014 の SQL Server の次のサービス パックには、SQL Server をアップグレードすることをお勧めします。

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、ミラーリング、およびクラスター) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、移動し、それらを展開する前に、次の資料を参照してくださいすることお勧めします。
言語のサポート
コンポーネントを更新
この更新プログラムのサポート
この更新プログラムをアンインストールする方法

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、2014 の SQL Server を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。
累積的な更新パッケージ ファイル情報
プロパティ

文書番号:3046038 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, SQL Server 2014 Reporting Services

フィードバック