"ログオン スクリプトを同期的に実行する" 設定が有効な場合でも、Windows エクスプローラの起動前にスクリプトが実行されない

現象

[ログオン スクリプトを同期的に実行する] ポリシー設定を有効にしても、スクリプトの実行前に Windows エクスプローラが開くことがあります。[ログオン スクリプトを同期的に実行する] 設定の [説明] タブには、この設定について次のように説明されています。
ログオン スクリプトの実行完了を待ってから Windows エクスプローラ インターフェイス プログラム (デスクトップを表示するプログラム) を起動するようにします。

原因

この問題は、Windows XP でログオンの最適化がデフォルトで有効になっている場合に発生します。ログオンの最適化を有効にすると、コンピュータはユーザー環境が初期化されるのを待たずにグループ ポリシーの処理を実行します。

解決方法

この問題を解決するためには、[コンピュータの起動およびログオンで常にネットワークを待つ] グループ ポリシー設定を有効にしてログオンの最適化を無効にします。
  1. 変更を適用するコンピュータのグループ ポリシー オブジェクトを開きます。
  2. 左ペインで、次のアイテムをクリックして展開します。
    • [コンピュータの構成]
    • [管理用テンプレート]
    • [システム]
    • [ログオン]

  3. [コンピュータの起動およびログオンで常にネットワークを待つ] をダブルクリックします。
  4. [有効] をクリックして、[OK] をクリックします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 304970 (最終更新日 2002-11-17) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:304970 - 最終更新日: 2002/11/19 - リビジョン: 1

フィードバック