証明書サービスのイベントのログ レベルを変更する方法

概要

この資料では、Windows Server 2003 で証明書サービスのログ レベルを変更し、アプリケーション イベント ログに記録されるイベントの重大度を昇格または降格する方法について説明します。これはトラブルシューティングに役立つことがあります。

詳細

イベント ログに記録される証明書サービスのログ レベルを上げてトラブルシューティングに役立てることができます。ログ レベルを上げると、証明書サービスによって、詳細なアプリケーション イベント ログがより高い頻度で出力されるようになります。証明書サービスのログ レベルを上げるには、コマンド プロンプトで certutil -setreg ca\loglevel logging level を実行し、サービスを再起動します (logging level には使用するログ レベルを指定します)。使用可能な範囲を以下に示します。
0 CERTLOG_MINIMAL

1 CERTLOG_TERSE

2 CERTLOG_ERROR

3 CERTLOG_WARNING (デフォルト)

4 CERTLOG_VERBOSE

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 305018 (最終更新日 2003-10-09) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:305018 - 最終更新日: 2009/06/16 - リビジョン: 1

フィードバック