Windows Server 2008 、Windows Server 2008 R2 で TermServLicensing サービスがクラッシュする場合があります

現象

以下のシナリオに合致する場合、Windows Server 2008、および、Windows Server 2008 R2 で RD ライセンス サーバーがクラッシュします。

  • Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2008 ,Windows Server 2008 R2 のライセンスサーバーが存在する環境。
  • ユーザーに対し Windows Server 2012 のユーザー CAL が発行された実績があり、かつ、発行された Windows Server 2012 のユーザー CAL の有効期限が切れている。
  • 有効期限の切れた Windows Server 2012 のユーザー CAL を保持するユーザーが Windows Server 2008 、または、Windows Server 2008 R2 のライセンスサーバーから CAL の再発行を要求する。
この場合、以下のアプリケーション エラーが記録され、RD ライセンス サーバーがクラッシュします。

-----------------
ソース : Application Error
ID : 1000
アプリケーション クラッシュ イベント "障害が発生しているアプリケーション名: svchost.exe_TermServLicensing
-----------------

原因

Windows Server 2012 以降のユーザー CAL を、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 では正常に認識できないため、本現象が発生します。

回避策

1.    ユーザー CAL のみをインストールしている場合
       RD ライセンス サーバーがクラッシュしても、リモートデスクトップ接続への影響はございません。
       そのため、本エラーは無視して運用いただきますようお願い致します。 

2.    ユーザー CAL とデバイス CAL の両方をインストールしている場合
        以下の 2 つのいずれかを実施下さい。
    
        2-1. デバイス CAL を別のライセンス サーバーに移行してください。
        2-2. Windows Server 2012 以降のライセンス サーバーをご利用ください。

状況

本問題は弊社製品の問題と認識しております。
プロパティ

文書番号:3052213 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック