SQL Server 2014 Service Pack 1 のリリース情報

適用対象: SQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 Enterprise

この資料には、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) をインストールする前に重要な情報が含まれています。Service pack、サービス パックに含まれる修正プログラムの一覧を取得する方法について説明して、現在インストールされているバージョン、および製品の著作権の帰属の一覧に基づいて、適切なダウンロードを選択する方法です。

注: この資料は、このサービス パックに関連するすべてのドキュメントを参照する情報の 1 つのソースとして機能します。以前のリリース ・ ノートと Readme.txt ファイルにあるすべての情報が含まれています。

SQL Server の Service Pack 1 に 2014 (ビルド番号 12.0.2560.0) SQL Server の累積的な更新の 11 から、インスタンスを更新する場合は、SQLServr.exe と qds.dll のファイル間でのバイナリが一致しないのため、service pack のセットアップが失敗してその後 SQL Server を開始できません。

問題を回避するのには次の方法のいずれかの手順に従います。

  • 2014 の SQL Server の累積的な更新プログラム 11 の滞在を続行するには、不完全な Service Pack のインストールをアンインストールできます。これを行うには、コントロール パネル追加または削除プログラムを使用し、SQL Server を再起動します。
  • CU11 から Service Pack 1 にアップグレードして、CU11 から修正プログラムを保持、次の手順を実行します。

    1. CU11 をアンインストールするには、コントロール パネルの [プログラム追加と削除を使用します。
    2. ダウンロードし、 Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1)のダウンロード センターから SP1 をインストールします。
    3. CU4 をSQL Server 2014 SP1 用の累積的な更新 4から SP1 のインストールをダウンロードしています。

詳細


SQL Server 2014 SP1 の入手方法

2014 SP1 の SQL Server は、 SQL Server 2014 SP1 のダウンロード ページからダウンロードできます。SQL Server 2014 SP1 機能パックをダウンロードすることができますここ



注: Service pack をインストールした後、SQL Server サービスのバージョンは 12.0.4100.1 として反映されます。

SQL Server 2014 SP1 に含まれる修正の一覧

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack は累積的な更新プログラムです。SQL Server 2014 SP1 は、すべてのエディションおよび 2014 の SQL Server のサービス ・ レベルを SQL Server 2014 SP1 にアップグレードします。

だけでなく、この資料に記載されている修正は、SQL Server の 2014 SP1 には、SQL Server の 2014 CU 5 2014 CU1 を SQL Server に含まれていた修正プログラムが含まれています。

2014 の SQL Server で使用可能な累積的な更新の詳細については、 2014 の SQL Server のバージョンをビルドするを参照してください。

注:

  • ここに記載されていないその他の修正プログラムは、service pack にも含まれますことがあります。
  • この一覧より多くの資料が公開されたときに更新されます。
SQL Server 2014 SP1 で修正されるバグの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次のリンクをクリックします。

VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明
22759293044954修正: アクセス違反が発生する I/O 完了ルーチン 2014 年の SQL Server の自動終了を有効にすると
23646362969781SSIS 2014 デザイナーでカスタム接続マネージャーを追加すると、エラーを修正します。
25806312963404修正: ロールバックすると、データベースで SQL Server 2012 または SQL Server 2014 モードと思われるに移動するには
25807502806979SQL Server 2012 または 2014 RCSI を有効にしたデータベースのテーブルに対してクエリを実行すると、修正プログラム: パフォーマンスが低下
25806282965035SSAS 2012 の機能の向上を SQL Server 2012 Service Pack 2 にログインします。
25810152963412SQL Server 2012 の SP2 には、SQL Server 2014 SP1 での新しい DMF sys.dm_fts_index_keywords_position_by_document
25810192966520修正: SSRS で 1 月 1 日、レポート サービスの Windows サービスを再起動すると、新しいログ ファイルは作成されません。
25810253051521修正:「データベース 'モデル' を開くことができません"エラー model データベースのログ末尾バックアップ後に SQL Server を再起動すると
25812252964762修正: イベント ID 22 または 0xC1000016 のエラーが記録されます SSAS 2012 で、[検索] コマンドを使用する場合
25811682966522修正: ファイル共有サブスクリプションには、SSRS 2012 または SSRS 2014 [説明] 列が読み込まれない
25812592966523修正: [名前] ボックスの一覧が空 SSRS 2012 または SSRS 2014 のレポートが指定されている場合
25813172963382SSAS 2012 または SSAS 2014 でキューブの作成の MDX クエリを実行すると、FIX がサーバーに接続できません。
25813232963384修正: SQL Server 2012 または SQL Server 2014 では、tempdb データベースのログ ファイルと SQL Server がクラッシュします。
25813602927741修正: イメージが正しく表示されない web ページで、SSRS 2012 または 2014年レポートにドリルスルー アクションを使用する場合
25813712963383修正: テキストの SSRS 2012 または SSRS の 2014 年のレポートを表示するのには HPB のレンダラーを使用すると切り捨てられる
27001553044958FIX DBCC CHECKDB を実行すると、SQL Server はシャット ダウンが予期せず、スナップショットにロールバック ・ リカバリが失敗します。
386081930306192014 年の SQL Server のクエリに修飾子として日付/時刻型を使用するときに返される不適切なデータを修正します。
38796853020112FIX] SQL Server の 2014 年の DML ステートメントを実行すると、解放されていないエラーが発生します。
39197133027860SQL Server 起動時のエラー 17066 または 17310
39333463044953修正: 解放されていないスケジューラの問題 2014 年の SQL Server のバッファー プールの拡張機能ファイルにページを作成する場合
40117503029977OS エラーの修正: 665 2014 年の SQL Server の columnstore インデックスを含むデータベースの DBCC CHECKDB コマンドを実行すると、
40334403021757FIX 関数の値を次のと同時に sp_sequence_get_range を実行するときに重複したシーケンスの値が生成されます。
40348133029825修正: DBCC CHECKDB および DBCC CHECKTABLE 時間がかかる SQL Server 2012 または SQL Server 2014 で SQL CLR Udt が関係するときに実行するには
40501093026082SQL Server 2012 または 2014 の修正: システム テーブルの行セットのキャッシュに SOS_CACHESTORE スピン ロックの競合が原因 CPU 使用率が高い
40754903034679修正: AlwaysOn 可用性グループは同期するいないと報告されました。
409355830351658646 2014 年の SQL Server のクラスター化された columnstore インデックスを持つテーブルに対して DML ステートメントを実行するときの FIX エラー
3534419、3534439、2512250、1456033、227463630449522014 年の SQL Server のバッファー プールの拡張機能を有効にすると問題を修正します。
3731772、37317763044519FIX] 2014 年の SQL Server の新しい基数の見積もり担当が有効になっているときにクエリのパフォーマンスの問題
25813122904152修正: リモート ファーム上のレポートの使用で動作しない SharePoint 統合 SSRS 2014 サービス アプリケーションを発行済みの

解決方法

次の問題の解決方法は 2014 sp1 では SQL Server も含まれます。

VSTS バグ番号説明
1957464RESTORE HEADERONLY をデータベースのバックアップを暗号化されたファイルのバックアップを暗号化するかしないかどうかが表示されません。
SP1 を適用すると、復元の HEADONLY の出力は、次の 3 つの列を追加: KeyAlgorithm、EncryptorThumbprint、EncryptorType、暗号化されたバックアップに関する追加情報を与えることができます。詳細については、SQL Server Books Online のトピックをRESTORE HEADERONLYを参照してください。
2366022SQL Server セットアップでは、Windows 8 に SQL Server 2014 Express エディションでデータベース エンジンの場合のみ) をインストールするときに.NET Framework 3.5 が必要です。このようなメディアをインストールすると、スキップされますようになりました。
2535853/qsオプションでは、SQL Server 2014 の rtm 版の高速のパッケージをインストールするときにユーザー入力が必要です。
2580641公開されているアーティクルを削除する場合、ストアド プロシージャに無効なクエリ構文
複数のパブリケーション。
2580651ピア ツー ピア (P2P) の競合メッセージには、追加の詳細情報が必要です。

注: 2012 の SP2 または 2014年の SP1 を適用した後、22815 のエラー メッセージは、テーブル名、主キー (s)、現在のバージョン、以前のバージョンと Post のバージョンの情報があります。3 種類の競合のすべてのテーブル名、プライマリ ・ キーとは別の投稿のバージョンが存在する (削除、更新、および挿入)。削除競合の種類に適用可能な現在のバージョンは、PreVersion には適用できませんと挿入の競合の種類が存在します。
2580686P2P のレプリケーションを使用してテキスト列の更新が行われるときに更新プログラムの更新の競合は、更新または記述します。
2580693ブロック モードの単項演算子を使用するときに誤った結果をします。
2580746AlwaysOn セカンダリ サーバー上の DPM の完全バックアップは、バックアップを copy_only に変換されます。
2581191マージ レプリケーションのログの向上
マージ レプリケーションのパフォーマンスの問題を解決するため、マージ エージェントの出力の詳細レベルが4に設定されている場合に、101 からトレースの出力を追加します。
2581192トランザクション レプリケーションのログの向上
トランザクション レプリケーションのパフォーマンスの問題を解決するため、エージェントのログに詳細なメッセージの履歴テーブルの統計 (stats) とより詳細なメッセージを追加します。
2581222SSMS の場合は最初の SUB_PLAN の名前に名前を付ける、メンテナンス プランにタスクを移動の保守計画の中にクラッシュは、同じです。
2581197End SCOPE ステートメントは、SCOPE ステートメントを開くには一致しません。
2581377"ACTIONABLE_HEAP_CORRUPTION"に無効なインスタンス Idを使用して SSRS 構成ファイルが解析されるときです。
2581382SSRS 2014 のログに、プラットフォームの情報を提供します。
2733205オブジェクト エクスプ ローラーでレポート サーバー インスタンスのコンテキスト メニューの [面] オプションを選択するときにメッセージを「< 名前 > のアクションが見つかりませんでした」
2841734コマンド ライン スイッチを使用して SQL Server 2014 累積的な更新プログラム パッケージ (たとえば SQLServer2014-KB2967546-x64.exe) を実行するときに例外が発生するとしますか?
3143194LOB の読み取りは、「STATISTICS IO の設定」が上にある場合 columnstore のクラスター化インデックスを使用してクエリを実行する際には、0 として表示されます。
3506361SSDT 双 12.0.2299.1 のバージョンと SQL Server の 2014 が side-by-side インストールされている場合の後でサービスの共有コンポーネントの一部をできていない可能性があります。
3731350(たとえば、常に) 複数のソケットのシステムではログのプールをキャッシュに依存する機能を使用する場合は、カウンターのログ書き込み待ち時間の値が大きい場合があります。Sp1 を適用する前に、2014 年の SQL Server のこの問題の修正プログラムをアクティブにする T9024 のトレース フラグを有効にする必要です。SP1 以降では、必要はありません、指定されたトレース フラグを手動で追加するのには、修正プログラムは既に付加されているようです。詳細についてを参照してくださいを修正する:「ログの書き込み待機」カウンターの値高い SQL Server 2012 のインスタンス.
3732057SQL Server のインスタンスは、接続プールのため何千もの接続のリセットを処理するが、SQL Server でデータベースのロックの利用状況が増加するときにパフォーマンスの問題が発生します。問題は、SQL Server の 2014 年の CU1 で固定されており、T1236 を有効にするためのパラメーターを開始するトレース フラグを追加する必要が。2014 の SQL Server の Service Pack 1 には、既定でこの修正プログラムが含まれていて、この修正プログラムを有効にするトレース フラグを追加する必要はありません。詳細についてを参照してくださいを修正する: SQL Server でデータベースのロックの利用状況が増加すると、パフォーマンス上の問題が発生するです。
3909490エラー 4819 は、一括ロードや TF4199 の高速読み込みコンテキスト (TF610) が有効にすると、データベース スキーマとデータの組み合わせに対して発生します。
3938420ディレクトリの SQL Server エージェント ジョブが存在しないか、およびシステムが不完全な状態であるために、2014 の SQL Server に SQL Server のインスタンスをアップグレードできません。

接続項目の修正

接続の項目の次の修正プログラムはコミュニティによって送信され、SQL Server 2014 SP1 に含まれても。

バグ ID を接続します。説明
714689評価結果は、複数のサーバーに対してエンタープライズ管理フレームワークを実装して、リスト内のサーバーのいずれかに対してエラーが発生した場合は、複数回 xml ファイルの出力に書き込まれます。
735543データベースは、同じインスタンス上の別のデータベースとそのバックアップを復元した場合、リストア ・ モードに入ります。
736509SQL Server Management Studio (SSMS) sp_executesqlを呼び出すストアド プロシージャをデバッグすることはできません。F11 キーを押すと、'オブジェクトの参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません' エラー メッセージが表示されます。
740181SSMS は、SQL Server Express では、フル ・ テキストを完全には管理されません。
745566SMO の SQL Server は、SQL Server 2012 と SQL Server の 2014 の既定の制約を無視します。
764197SSMS では、一貫性がない番号付きストアド プロシージャを処理します。
769121"'< 列名 >' の列がテーブルの概要には属していません。(System.Data)「複製のテーブルに同じ名前を持つ別のスキーマ内にあるときにエラー メッセージ。
773710SQL Server を再起動して、デタッチし、データベースをアタッチするか、データベースをオフラインにするまでのフルテキスト インデックスを含むデータベース スナップショットへの復元の後、ft_catalogs を作成することはできませんし、オンライン データベースを設定します。
774317SSMS は、自動的に再起動する、閉じるときにクラッシュする場合があります。
785064「'Null' の値が 'ストリーム' に対して無効です」エラー メッセージ パイプライン コンポーネントの顧客のビジネス インテリジェンス開発 Studio (入札) を使用する場合。
785151実行すると、実際のクエリ プランを表示するクエリを有効に、 Nullの結果が返され、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: メッセージ 50000、レベル 16、状態 10、プロシージャのテスト、34 の行の文字列またはバイナリ データは切り捨てられます。
791929システム アサーション チェックが失敗しました"エラー メッセージをトリガーを持つ分割ビューにデータを挿入するとします。
797967SSMS で列レベルのアクセス許可をスクリプト化する場合、ステートメント スクリプトの複製を作成します。
799430SSMS のウィンドウのアイコン、タスク バー上の更新をしようとすると SSMS がクラッシュする可能性があります。
804901大規模なプロジェクトの新しいバージョンを展開すると、SSIS カタログ データベース (SSISDB) への展開中にタイムアウトが発生します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
プロジェクトを展開できませんでした。詳細については、操作の id の operation_messages ビューをクエリ ' 219′。(Microsoft SQL Server、エラー: 27203)プロジェクトを展開できませんでした。問題を解決し、後でもう一度実行してください。: タイムアウトが発生しました。操作の完了前にタイムアウト期間が経過したか、サーバーが応答していません。ステートメントは終了されました。
805659"SQL ステートメントの一部は、ネストが深すぎます。クエリを書き直すかより小さなクエリに分割」のエラー メッセージを解析または実行するときはストアド プロシージャです。

ダウンロードしてインストールする正しいファイルを選択します。

SQL Server 2014 SP1 のダウンロード ページには、SQL Server 2014 SP1 との基本的なインストール手順のインストールのシステム要件が含まれています。方法に関するその他のドキュメントで更新プログラムのサービスを提供する SQL Server の 2014 2014 SP1 コンポーネントをインストールをアップグレードするSQL Server 2014 サービス更新プログラムをインストール] を参照してください。

場所を特定するのには次の表を使用し、ダウンロードするファイルの名前が、現在インストールされているバージョンに基づきます。ダウンロード ページでは、システム要件とインストールの基本的な手順を提供します。

現在インストールされているバージョン必要なアクションを実行するにはファイルのダウンロードとインストール
2014 の SQL Server の任意のエディションの 32 ビット バージョンSQL Server 2014 SP1 の 32 ビット バージョンにアップグレードします。SQLServer2014SP1-KB3018269-x86-ENU.exeは、ここから
32 ビット バージョンの SQL Server 2014 RTM ExpressSQL Server 2014 Express SP1 の 32 ビット バージョンにアップグレードします。SQLServer2014SP1-KB3018269-x86-ENU.exeは、ここから
32 ビット バージョンの SQL Server の 2014 (2014 Management Studio の SQL Server を含む) のクライアントと管理ツールのみクライアントと管理ツールを SQL Server 2014 SP1 の 32 ビット バージョンにアップグレードします。ここから SQLManagementStudio_x86_ENU.exe
32 ビット バージョンの SQL Server 2014 Management Studio Express32 ビット バージョンの SQL Server の 2014 SP1 Management Studio Express へのアップグレードします。ここから SQLManagementStudio_x86_ENU.exe
2014 の SQL Server の任意のエディションと、クライアントと管理の容易性ツールは、SQL Server 2014 RTM Management Studio) の 32 ビット バージョンの 32 ビット バージョンすべての製品を SQL Server 2014 SP1 の 32 ビット バージョンにアップグレードします。SQLServer2014SP1-KB3018269-x86-ENU.exeは、ここから
32 ビット バージョンのMicrosoft SQL Server 2014 RTM 機能パックの 1 つまたは複数のツールツールを 32 ビット バージョンの Microsoft SQL Server 2014 SP1 Feature Pack にアップグレードします。Microsoft SQL Server 2014 SP1 機能パックから 1 つまたは複数のファイル
2014 Management Studio の SQL Server の 32 ビット インストールの必要なし32 ビット SQL Server 2014 Management Studio SP1 を含むをインストールします。ここから SQLManagementStudio_x86_ENU.exe
なしの 32 ビット バージョンの SQL Server 2014 の RTM Express32 ビット SQL Server 2014 Express などの SP1 をインストールします。ここから SQLEXPR32_x86_ENU.exe
2014 の SQL Server の任意のエディションの 64 ビット バージョンSQL Server 2014 SP1 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。SQLServer2014SP1-KB3018269-x64-ENU.exeは、ここから
64 ビット バージョンの SQL Server 2014 RTM ExpressSQL Server 2014 SP1 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。SQLServer2014SP1-KB3018269-x64-ENU.exeは、ここから
64 ビット バージョンの SQL Server の 2014 (2014 Management Studio の SQL Server を含む) のクライアントと管理ツールのみクライアントと管理ツールを SQL Server 2014 SP1 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。ここから SQLManagementStudio_x64_ENU.exe
64 ビット バージョンの SQL Server 2014 Management Studio Express64 ビット バージョンの SQL Server の 2014 SP1 Management Studio Express へのアップグレードします。ここから SQLManagementStudio_x64_ENU.exe
2014 の SQL Server の任意のエディションと、クライアントと管理の容易性ツールは、SQL Server 2014 RTM Management Studio) の 64 ビット バージョンの 64 ビット バージョンすべての製品を SQL Server 2014 SP1 の 64 ビット バージョンにアップグレードします。SQLServer2014SP1-KB3018269-x64-ENU.exeは、ここから
64 ビット バージョンのMicrosoft SQL Server 2014 RTM 機能パックの 1 つまたは複数のツールツールを Microsoft SQL Server 2014 SP1 機能パックの 64 ビット バージョンにアップグレードします。Microsoft SQL Server 2014 SP1 機能パックから 1 つまたは複数のファイル
2014 Management Studio の SQL Server の 64 ビット インストールの必要なし64 ビット SQL Server 2014 Management Studio SP1 を含むをインストールします。ここから SQLManagementStudio_x64_ENU.exe
64 ビット バージョンの SQL Server 2014 RTM Express64 ビット SQL Server 2014 Express などの SP1 をインストールします。ここから SQLEXPR_x64_ENU.exe
2014 SP1 の SQL Server に、SQL Server のインストールをアップグレードする方法の詳細については、サポートされているバージョンとエディションのアップグレードを参照してください。

ある場合はバージョン 12.0。4050がインストールされている SQL Server 2014 サービス SP1 (KB3018269) の.0、アンインストールしてください、更新プログラム インストールのすべてのインスタンスからこの更新プログラムをインストールする前に。これを行うには、コントロール パネルの [プログラム追加と削除を使用します。詳細については、 KB 3018269を参照してください。次の理由のいずれかがインストールされている KB3018269 であることに注意してください。

  • 2014 の SQL Server の既存のインスタンスに更新プログラムを適用します。
  • KB3018269 を使用して SQL Server 2014 SP1 の新しいインスタンスをインストールした「スリップ ストリーム パッケージ」(たとえば、SQLServer2014SP1-FullSlipstream-x64-ENU)
  • SQL Server 2014 SP1 Express エディションのパッケージのいずれかをインストールします。

関連情報


詳細については、現在の SQL Server のバージョンとエディションを確認する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。
321185
SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。