Outlook が起動するたびにパスワードの入力を求められる、またはプロファイルを作成できない

適用対象: Outlook 2016Outlook 2013Outlook 2019

現象


Microsoft Outlook 2019、Outlook 2016、Outlook 2013、または Outlook for Office 365で Microsoft Exchange 2016、Exchange 2013、または Microsoft Office 365 のメールボックスに接続すると、次のいずれかの現象が発生します。
  • [資格情報を記憶する] オプションを有効にしていても、Outlook が起動するたびにパスワードの入力を求められます。
  • Outlook を起動すると、接続できず、ステータス バーに "パスワードの入力が必要です" と表示されます。 [パスワードの入力が必要です] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。
     
    この機能は管理者によって無効にされています。
  • 新規 Outlook プロファイルを作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
     
    申し訳ございません、アカウントを自動で設定できませんでした。アカウントを自分で設定するには、[次へ] をクリックしてください。

原因


この問題は、セキュリティ センターの [プライバシー オプション] の [Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] チェック ボックスがオフになっていると発生します。


解決方法


この問題を解決するには、Office がオンラインサービスに接続できるようにするオプションを有効にします。使用している Outlook のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

Outlook 2016、Outlook 2019、および Outlook for Office 365:
 
  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。
  3. [プライバシー オプション] をクリックし、[Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] を 2 回クリックして [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

    注: [Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] チェック ボックスを使用できない場合は、「詳細情報」セクションを参照して、この設定に関する追加の詳細を確認してください。

Outlook 2013:
  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。
  3. [プライバシー オプション] をクリックし、[Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] チェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] を 2 回クリックして [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

    注: [Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] チェック ボックスを使用できない場合は、「詳細情報」セクションを参照して、この設定に関する追加の詳細を確認してください。

詳細情報


[Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] チェック ボックスを使用できない場合、それはレジストリの UseOnlineContent 設定の値が 0 に設定されているからです。 UseOnlineContent 設定は、以下のいずれかのレジストリ キーにあります。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Common\Internet

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Common\Internet

DWORD: UseOnlineContent

値:

0 - ユーザーがインターネット上の Office リソースにアクセスすることを許可しません (チェック ボックスはオフで使用不可)。
1 - ユーザーがインターネット上の Office リソースにアクセスするかどうかを選択できるようにします (チェック ボックスはオフ)。
2 - (既定) ユーザーがインターネット上の Office リソースにアクセスすることを許可します (チェック ボックスはオン)。

注:
  • x.0プレースホルダーは、ご使用のOfficeのバージョンを表します(16.0 = Office 2016、Office 2019、または Outlook for Office 365、15.0 = Office 2013)。
  • UseOnlineContent の値が Policies ハイブにある場合、その値はグループ ポリシーを介して作成された可能性があります。 この設定を変更するには、管理者がこのポリシーを変更する必要があります。

オンライン コンテンツのオプションポリシー設定は、Microsoft Office 2019、Office 2016、Office 2013、または Outlook for Office 365 の管理用テンプレートにあります。 これらのテンプレートを [ツール | オプション | 全般l | サービス オプション...] の下にある [オンライン コンテンツ] で見つけます。

[オンライン コンテンツのオプション] ポリシー設定

これを [未構成] または [有効] に設定し、オンライン コンテンツのオプションとして [Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] を選択します。

Online Content Options ポリシー設定の詳細


[Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] 設定を有効にすると、これは Office の他の機能にも影響します。 その主なものを以下に示します。
  • [オンライン画像] の挿入が有効になる。
  • [オンライン ビデオ] の挿入が有効になる。
  • [オンライン テンプレートの検索] が有効になる。
  • 特定のドキュメント校閲および文章校正リソースを使用できるようになる場合がある。