Office 365 ユーザーが、別の会議で予約されている会議室に対して会議を予約できてしまう

適用対象: Exchange Online

現象


Office 365 ユーザーが、別の会議で予約されている会議室に対して会議を設定しようとすると、カレンダー アテンダントが競合する会議出席依頼を自動で拒否しません。ユーザーは、すでに会議室が別の会議で予約されているにも関わらず、同じ会議室を予約できてしまいます。 

原因


会議室メールボックスの AllRequestOutOfPolicy プロパティが “True” に設定されています。これにより、会議室メールボックスは競合する会議出席依頼を無視してしまいます。

解決策


この問題を解決するには、以下の手順に従って会議室メールボックスの AllRequestOutOfPolicy プロパティを “False” に設定してください。
  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します。詳細は、「リモート PowerShell による Exchange への接続」を参照してください。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    Get-CalendarProcessing –Identity “Meeting Room” | Set-CalendarProcessing –AllRequestOutOfPolicy $False 

追加情報


Office 365 のカレンダー アテンダントに関する詳細は、以下の Microsoft リソースを参照してください。 その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。