2014 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8

説明 8 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 12.0.2546.0) 2014 の Microsoft SQL Server のです。この更新プログラムには、SQL Server 2014 のリリース後に修正された問題に対する修正プログラムが含まれています。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

「修正プログラム ダウンロード利用可能な」このサポート技術情報の記事の上部にあるをクリックします。"修正プログラムの要求] ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
452324330678262014 の SQL Server のインスタンスに接続するとき、アクセス違反が発生します。SQL サービス
47781503067257修正: SQL Server の 2014 年の columnstore のクラスター化インデックスのクエリでの部分的な結果します。SQL サービス
47453223051145修正: SQL Server がシャット ダウンする SQL Server 2012 または SQL Server 2014 で Service Broker を使用する場合SQL サービス
45444223029096修正: Oracle データベース内の変更が正しく複製されない SQL Server 2012 または SQL Server の 2014 のデータベースに統合サービス
46389313058512ピボット解除変換タスクの変更の null を 0 または空の文字列が SSIS の 2014 年の修正。統合サービス
47190453064784FIX: アクセス違反が発生 SQL Server の 2014 年の列ストア インデックスを含むテーブルに対してクエリを実行するときSQL サービス
47452953033456FIX には MDX クエリを実行するとパフォーマンス低下にはに SSAS 2012 での粒度が別のサブクエリの select が含まれています分析サービス
47453163047538修正: 集計値の結果が正しくない SSAS 2012 または SSAS 2014 で MDX クエリを実行すると、分析サービス
45208903067896インデックス付きのビューで、挿入した後が正しくない結果が返されますまたは SQL Server の 2014 年のベース テーブルに対する削除操作が発生します。SQL パフォーマンス
47156033070139修正: エラー 33294 が発生した SQL Server の 2014 年の columnstore インデックスがクラスター化されているテーブルの列の種類を変更した場合SQL サービス
45161003069488「非明け渡さスケジューラ」エラーが発生し、SQL Server は、2014 Microsoft SQL Server のインスタンスで、データベースには columnstore インデックスを作成するときの応答を停止SQL サービス
47453183052404修正: 2014 の SQL Server を実行しているサーバーまたは SQL Server 2012 に接続するのにはトランスポート層セキュリティ プロトコルのバージョン 1.2 を使用することはできません。SQL 接続
47453243050636修正: スケジュールを設定できません、SSRS 2012 または SSRS 2014 レポートのサブスクリプション データ ソースは、SAP NetWeaver BI の種類と、レポート サービス
47453093045333FIX"C2 監査モード] オプションを有効にできません sp_configure を使用して SQL Server を再起動します。SQL セキュリティ
47453053043889修正: SSRS 2012 または 2014 の SSRS レポートにグラフが正しく更新されない、レポートの URL にパラメーターを更新する場合レポート サービス
47441733042629修正: エラー 33415 が発生した SQL Server サービスを再起動するか、SQL Server 2012 または SQL Server 2014 でデータベースを変更するときSQL サービス
43362613036201修正: 通知メールのリンクが破損している特殊文字が SQL Server 2012 または SQL Server 2014 MDS 内の URL の一部である場合マスター データの Services(MDS)
46389322999809FIX のパフォーマンスが低下、クエリには、2014 年の SQL Server のテーブル結合が含まれています。管理ツール
48382663070147SQL Server の 2014 年の sys.dm_xe_objects の動的管理オブジェクトのクエリを実行するとき、[説明] 列が正しくない値が含まれてSQL サービス
43204653048734: BPE ファイルで発生する I/O エラーが発生 BPE を無効にするのには SQL Server の 2014SQL サービス
43193163048627FIX「にアクセスできません、指定されたパスまたはサーバー上のファイル」で使用すると CSV SSMS をバックアップまたはデータベースを復元するには管理ツール
47945203067968FIX columnstore インデックスのクエリが SQL Server の 2014 年の大規模なメモリを使用する場合にメモリ内のページ アウトが発生します。SQL サービス
4465182972759修正: SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server エージェントのサブシステムの"max_worker_threads"列の値をリセット可能性があります。管理ツール
47453073051993修正: OLE DB プロバイダーを使用して Oracle リンク サーバーからデータを選択すると数値型の値が切り捨てられるSQL サービス
44880053066682FIX DateTime 属性の形式が MDS の 2014 年の設定とは異なる日付形式でデータをフィルター処理する場合、エラーが発生します。MDS
47453143020350修正: 子の SSIS パッケージの別のセットが含まれている SSIS パッケージを実行すると、ISServerExec がクラッシュします。統合サービス
47457093026954修正: CatalogFolder.DeployProject は、SQL Server を SQL Server 2012 でプロジェクトを配置するときに、完了する時間が長くなります。統合サービス
47452973035737キューブの書き戻しのトランザクションのコミットおよび処理のバッチが同時に実行すると FIX SSAS のインスタンスがクラッシュします。分析サービス
47293093052167FIX エラー 1205 は 2014 年の SQL Server の外部結合演算子が含まれている並列クエリを実行するとSQL パフォーマンス
46327373061685FIX は SQL Server の 2014 年の直接、またはバック グラウンドで作成するためのステートメントを実行すると、統計を作成できません。SQL パフォーマンス
47293103063054更新は、Azure ストレージ上のデータ ファイルのストレージのプレミアム ・ サポートを有効にし、バックアップの失敗を解決します。SQL サービス
47453303011867そこには、[ジョブ] フォルダーのない場合、SQL Server では、インプレース アップグレードが失敗します。セットアップとインストール
47457112619077修正: 背景の不足しているタスクの操作をオフにするとアクセス違反が発生しようとすると、不足しているインデックスのエントリを削除するのにはSQL サービス
47288203067659修正: SQL Server の 2014 年の遅延の大きいネットワークで Windows Azure ストレージを使用するとデータ損失が発生します。SQL サービス
46337603053752修正: PowerPivot ギャラリー Power View レポートの作成] ボタンが正しく表示されないデータ ソースとして SSAS 2014 を使用する場合分析サービス
45070413055646修正: エラー 35377 並列クエリを実行するときに 2014 年の SQL Server のマージ ステートメントが含まれていますSQL サービス

この更新プログラムのメモ

累積的な更新

  • それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。
  • 最新リリースの更新プログラムを適用することをお勧めします。
    • この累積的なパッケージは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみ適用します。
    • 最新の更新プログラムのリリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2014 に含まれていたすべての更新プログラムのリリースの更新します。
  • 2014 の SQL Server の次のサービス パックには、SQL Server をアップグレードすることをお勧めします。

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、ミラーリング、およびクラスター) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、移動し、それらを展開する前に、次の資料を参照してくださいすることお勧めします。
言語のサポート
コンポーネントを更新
この更新プログラムのサポート
この更新プログラムをアンインストールする方法

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、2014 の SQL Server を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。
累積的な更新パッケージ ファイル情報
プロパティ

文書番号:3067836 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence

フィードバック