ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、"The underlying connection was closed: The connection was closed unexpectedly." エラーが表示される

適用対象: Exchange OnlineExchange Server 2013 EnterpriseExchange Server 2013 Standard Edition

現象


ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、"An error occurred accessing Windows Live. The underlying connection was closed: The connection was closed unexpectedly" というエラー メッセージが表示されます。メッセージの全文は次のようなものとなります。
ERROR:Updating hybrid configuration failed with error 'Subtask Configure execution failed: Creating Organization Relationships.

Execution of the Set-FederatedOrganizationIdentifier cmdlet had thrown an exception. This may indicate invalid parameters in your Hybrid Configuration settings.

An error occurred while attempting to provision Exchange to the Partner STS. Detailed Information ""An error occurred accessing Windows Live. Detailed information: ""The underlying connection was closed: The connection was closed unexpectedly.""."".
  at Microsoft.Exchange.Management.Hybrid.RemotePowershellSession.RunCommand(String cmdlet, Dictionary`2 parameters, Boolean ignoreNotFoundErrors)

(エラー: ハイブリッド構成のアップデート中に次のエラーが発生したため失敗しました。‘サブタスクの構成の実行に失敗しました: 組織の関連性の作成。

Set-FederatedOrganizationIdentifier コマンドレットの実行において例外が返されました。ハイブリッド構成の設定に無効なパラメーターが存在する可能性があります。

パートナー STS へ Exchange をプロビジョニングする際に、以下においてエラーが発生しました。詳細情報 ""Windows Live へのアクセス中にエラーが発生しました。詳細情報: ""基礎接続が閉じられました: 接続が予期せずに閉じられました。""."".Microsoft.Exchange.Management.Hybrid.RemotePowershellSession.RunCommand(String cmdlet, Dictionary`2 parameters, Boolean ignoreNotFoundErrors))

原因


この現象は、プロキシの設定が正しく構成されていないと発生する可能性があります。例えば、プロキシの設定により、Office 365 で使用されているエンドポイントへのアクセスが許可されていないと発生する可能性があります。

解決方法


  1. サービスで使用しているエンドポイントにアクセスできるよう、プロキシ サーバーの設定を構成します。Exchange Online で使用されている IP アドレスおよび URL の一覧は、「Office 365 の URL と IP アドレスの範囲」にある「Exchange Online」セクションを参照してください。
  2. 以下の作業を実施して、環境内の Exchange サーバー上にプロキシ設定が正しく構成されていることを確認してください。
    1. Internet Explorer でプロキシを設定します。詳細は、「Internet Explorer のプロキシ サーバー設定を変更する」を参照してください。
    2. netsh コマンドライン ツールを使用してプロキシを設定します。詳細は、「Windows ハイパーテキスト転送プロトコルでの Netsh コマンド」 (英語) を参照してください。
    3. Set-ExchangeServer コマンドレットを使用してプロキシを設定してください。例えば、以下のコマンドを実行します。
      Set-ExchangeServer NameOfServer -InternetWebProxy Http://proxyURL:Port 
      詳細は、「Set-ExchangeServer」を参照してください。
  3. ハイブリッド構成ウィザードを再度実行します。

追加情報


ハイブリッド構成ウィザードで問題が発生した場合、Exchange ハイブリッド構成の診断を実行できます。この診断プログラムにより、自動的にトラブルシューティングが実施されます。ハイブリッド構成ウィザードの実行に失敗したサーバーで、このプログラムを実行してください。これにより、ハイブリッド構成ウィザードのログが収集され、解析されます。発生した問題が既知のものであった場合は、その内容がメッセージに表示されます。メッセージには、解決方法が記載された資料へのリンクも含まれます。現在、この診断プログラムは Internet Explorer でのみサポートされています。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトまたは Exchange TechNet フォーラムを参照してください。