[MS15-086]System Center 2012 Operations Manager Service Pack 1 用の更新プログラムのロールアップ 10 用のセキュリティ更新プログラム:11.08.15

はじめに

この資料では、Microsoft System Center 2012 Operations Manager Service Pack 1 (SP1) 用の更新プログラムのロールアップ 10 で修正される問題について説明します。また、この資料には System Center 2012 Operations Manager SP1 用の更新プログラムのロールアップ 10 に関するインストールの指示が記載されています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Operations Manager

  • Web コンソールの noscript.aspx ファイルのホーム ページ リンクが、クロスサイト スクリプティング攻撃 (XSS) に対して脆弱性を持ちます。

    System Center 2012 Operations Manager SP1 の Web コンソールにセキュリティ上の脆弱性が存在します。この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された URL を介して影響を受ける Web サイトにアクセスした場合に特権が昇格される可能性があります。この修正を適用することにより、脆弱性が解消されます。詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-086 を参照してください。

  • CLR 読み込み順序の変更

    エージェントの現在の動作では、オペレーティング システムのバージョンに基づいて CLR バージョンが選択されます。Windows Server 2012 以降の場合、.NET Framework 4.0 が読み込まれます。Windows Server 2012 よりも前のオペレーティング システムでは、.NET Framework 2.0 ファミリが読み込まれます。管理サーバーでは、.NET Framework 2.0 ファミリが読み込まれます。これは、基本的に、サーバーで標準で使用できる .NET Framework のバージョンにマッピングされます。現在の動作の問題は、たとえ管理パックの作成者が、システムに .NET Framework 4.0 が存在していることを知っている場合でも、それを使用できないということです。

    新しい動作では、.NET Framework 4.0 が利用可能な場合は、エージェントが .NET Framework 4.0 を読み込み、利用できない場合は、.NET Framework 2.0 にフォールバックします。

  • p_GroomTypeSpecificLogTables によってすべての MT_*Log テーブルがクリーンアップされない

    フィルタ選択ロジックが原因で、データベース内の MT$X$Y テーブルの一部がクリーンアップされないことがありました。そのため、テーブルがクリーンアップされることがありませんでした。場合によっては、これらのテーブルに大量の不要データが格納されたままとなることがありました。現在、この問題は修正されており、これらのテーブルのデータはクリーンアップされます。これにより、クエリ対象のデータが少なくなるため、パフォーマンスの向上につながります。

  • ブランドの更新

    System Center Operations Manager コンソールの「Operational Insights」を「Operations Management スイート」に更新しました。

System Center 2012 Operations Manager SP1 用の更新プログラムのロールアップ 10 の入手およびインストール方法

ダウンロード情報

Operations Manager の更新パッケージは、Microsoft Update から利用できるほか、手動でダウンロードできます。

Microsoft Update
Microsoft Update から更新プログラム パッケージを入手してインストールするには、Operations Manager コンポーネントがインストールされているコンピューター上で、以下の手順を実行します。
  1. [スタート]をクリックして [コントロール パネル]をクリックします。
  2. コントロール パネルで、[Windows Update]をダブルクリックします。
  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。
  4. [x 個の重要な更新プログラムが利用可能です] をクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。
  6. [更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。
更新プログラム パッケージの手動ダウンロード
以下の Web サイトにアクセスして、Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードします。


インストール手順
アンインストールに関する情報
この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル
プロパティ

文書番号:3071088 - 最終更新日: 2015/08/24 - リビジョン: 1

フィードバック