[MS15-087] Windows の UDDI サービスのセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 8 月 11 日)

概要

このセキュリティ更新プログラムにより、Microsoft Windows の脆弱性が解決されます。この脆弱性により、攻撃者が Web ページ検索パラメーターに悪意のあるスクリプトを挿入して、クロスサイト スクリプティング (XSS) のシナリオを画策した場合に、特権が昇格される可能性があります。脆弱性の悪用には、悪意のあるスクリプトが実行される、特別に細工された Web ページにユーザーがアクセスすることが必要条件になります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-087 を参照してください。

詳細

重要
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update から入手することができます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

詳細

ファイル情報
このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法
プロパティ

文書番号:3073893 - 最終更新日: 2015/08/14 - リビジョン: 1

フィードバック