SQL Server 2014 SP1 用の累積的な更新 2

適用対象: Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1SQL Server 2014 EnterpriseSQL Server 2014 Enterprise 詳細

説明 2 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド番号: 12.0.4422.0) Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) のです。この更新プログラムには、SQL Server 2014 SP1 のリリース後に修正された問題に対する修正プログラムが含まれています。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法


「修正プログラム ダウンロード利用可能な」このサポート技術情報の記事の上部にあるをクリックします。"修正プログラムの要求] ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム


VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明修正箇所
48141783088041修正: Excel 用 MDS アドインを使用して MDS ソリューションに接続しようとすると 401 エラーが発生します。MDS
51819623074535修正: リソース ・ データベースが不足している更新プログラムをインストールまたは service pack 後別の SQL Server 2012 1 つのインスタンスを再起動した後、サーバーSQL サービス
5181906972759修正: SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server エージェントのサブシステムの"max_worker_threads"列の値をリセット可能性があります。管理ツール
48122063082885FIX は 2014 年の SQL Server のデータベースをバックアップする保守計画を実行すると、ファイルのエラーが発生するを見つけることができません。SQL サービス
51819683075176CHANGETABLE() 関数を SQL Server 2012 または 2014年データベースのスナップショット ・ アイソレーションが有効になっているときに誤った結果を修正します。SQL サービス
51819592820068InstallShield を使用するか、ブートス トラップ アプリケーションによって SQL Server をインストールすることはできません。セットアップとインストール
51819573069320修正: ワークフロー始まることは、SharePoint 2013 環境でワークフローを開始する SQL Server 2012 または 2014 のマスター データ サービスを使用する場合データ品質のサービス (DQS)
51819243074922SQL Server 2012 または SQL Server 2014 で並列実行プランでフルテキスト クエリを実行するときに誤った結果を修正します。SQL パフォーマンス
51819163074425FIX] SQL Server 2012 または SQL Server 2014 で多数のアドホック クエリを実行すると、CMEMTHREAD 待機が発生します。SQL サービス
51819143069154FIX できませんを設定する、SQL Server 2012 または 2014年データベース シングル ユーザー モードにデータベースが読み取り専用である場合SQL サービス
51819083076444FIX が SQL Server 2012 で含まれている 1 つ以上の列または 2014 に一意なインデックスを使用するテーブルで「データのキャプチャを変更する」を有効にできません。SQL サービス
47729213036330FIX は SQL Server 2005 のインスタンスに接続する 2014 SQL プロファイラーの SQL Server を使用することはできません。管理ツール
51819523068703FIX: エラー メッセージが記録では、SQL Server 2012 または 2014 キャッシュ可能ではない自動パラメーター化クエリを実行すると、SQL サービス
519681030831872014 の SQL Server データベースを Windows Azure に配置するときにエラーを修正:「要求された値が見つかりませんでした」管理ツール
50365053081758FIX は 2014 sp1 では SQL Server オブジェクト エクスプ ローラーで含まれているデータベースのプロパティを表示することはできません。管理ツール
49214663075850FIX 2014 SP1 の SQL Server と SQL Server の 2014 SP1 CU1 をインストールするのには製品の更新プログラムを使用すると、エラー 1635 が発生します。セットアップとインストール
47760052987585形式の高度なディスク上のスタンバイ モードでのログの復元に SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012 9004 エラーが発生する可能性があります。SQL サービス
47453173047538修正: 集計値の結果が正しくない SSAS 2012 または SSAS 2014 で MDX クエリを実行すると、分析サービス
47452963033456FIX には MDX クエリを実行するとパフォーマンス低下にはに SSAS 2012 での粒度が別のサブクエリの select が含まれています分析サービス
47370053016384SSAS 2012 または SSAS 2014 ProcessData とし、ProcessRecalc の操作を実行した後の修正: データベースの破損分析サービス
47369893010148修正: 管理者以外の役割を受信できない ChildCount 見積もりの正しい SSAS の親子ディメンションのリーフ メンバーの分析サービス
47369883006838キューブの書き戻しのコミットと処理のトランザクションが同時に実行されたときに FIX SSAS 2012 または SSAS 2014 のインスタンスがクラッシュします。分析サービス
45845623029776修正: メモリの消費は、迅速に増加し、多対多でクエリを実行すると、HardMemoryLimit を超えるディメンション分析サービス
51599523081291FIX 強化 HADR_SYNC_COMMIT 待機の種類 AlwaysOn 可用性グループには、SQL Server 2014 Service Pack 1 でのテーブルのメモリの最適化が含まれている場合高可用性を実現
50201413081074FIX SQL Server 2014 Service Pack 1 で可用性グループのフェイル オーバーおよびサービスの停止を強制することに停止しているディスパッチャー システム ダンプが発生します。高可用性を実現
51819553068776FIX が正しくない結果が発生するまれなシナリオでは、内部側で SQL Server 2012 または 2014 内入れ子になったループ結合とパフォーマンスのスプールを含むクエリを実行するとSQL パフォーマンス
51819372965654修正: SSRS 2012 または SSRS 2014 レポート途中で水平方向にコンピューターに更新プログラム MS13-088 を適用しました後レポート サービス
51819303064292FIX は、CLR アセンブリの microsoft.sqlserver.types.dll では、SQL Server 2012 または SQL Server 2014 で発生した共有違反エラーが発生 6518SQL サービス
48671793071617FIX SQL Server 2014 Service Pack 1 で SQL Server レポート サービスのレポート ビルダーを起動すると、できないアプリケーションを起動のエラーが発生します。レポート サービス
47415773028216FIX SSAS 2012 または SSAS 2014 内のディメンションのプロアクティブ キャッシュがトリガーされると、クラッシュが発生します。分析サービス
47415353025408FIX: アクセス違反が発生を実行し、SSAS 2012 または SSAS 2014 内の個別のカウントのパーティションにクエリをキャンセルし、分析サービス
47371143029126修正: 内部エラーが発生した Power View で SSAS 2012 または SSAS 2014 のマルチ ディメンション キューブにアクセスするために使用されている場合分析サービス
47370593017544FIX SSAS 2012 または SSAS 2014 がクラッシュする書き戻しのトランザクションのコミットおよびバッチ処理を同時に実行するとき分析サービス
45845533042077FIX MDX クエリ結果を返しますが正しくない SSAS 2012 または SSAS 2014 で、UPDATE CUBE ステートメントの後に選択を実行すると分析サービス
45845173051798修正: テーブルの値を変更後に分割し、SQL Server Analysis Services のテーブルをパーティション分割分析サービス
47441893054504修正: bcp ユーティリティがクラッシュするときに SQL Server 2012 または SQL Server 2014SQL 接続
476765330578762014 年の SQL Server の修正: セカンダリ レプリカに、AlwaysOn データベースの表示「同期ではない」状態高可用性を実現
49210393073294修正:「使用可能なスキーマの破損。SQL Server の 2014 年の列を削除すると、DBCC CHECKCATALOG を実行するには"エラーが発生します。SQL サービス
47753943067113FIX: アクセス違反が発生し、SQL Server のシャット ダウンが予期しないときに発生する共通の基準の遵守が有効になっています。SQL サービス
49990453075939FIX: アクセス違反が発生クエリでは、ISNUMERIC 関数を使用して、SQL Server 2014 Service Pack 1 で結合条件の場合SQL パフォーマンス
51818983030352修正: 表の変更は、注文が間違って更新された行の Microsoft SQL Server 2012 または 2014年データベースの変更データ キャプチャを有効にした後SQL サービス
51819003051243結合フィルターを使用して既存のマージ パブリケーションに新しいアーティクルを追加すると、FIX エラー 2601 が発生します。SQL サービス
51819023069155FIX] SQL Server 2012 の sp_estimate_data_compression_savings に格納されている手順を実行すると、デッドロックが発生します。SQL サービス
51819333064454修正: SQL Server 2012 または SQL Server 2014 でクエリを実行すると、ハッシュまたはマージ結合ヒントは無視できます。SQL パフォーマンス
48379703077726修正: インデックスのオンラインの再構築は失敗は読み取り専用 SQL Server 2014 Service Pack 1 で、テーブルのパーティションSQL サービス
47415443027214修正: SQL Server 2012 または SQL Server 2014 のメンテナンス プランで大きなオブジェクト テーブルに対してオフライン インデックスを再構築する管理ツール
50674653082513修正: TDE の証明書の作成が失敗した 2014 SP1 の SQL Server でシリアル番号は、16 バイトを超える場合SQL セキュリティ

この更新プログラムのメモ


累積的な更新

  • それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。
  • 最新リリースの更新プログラムを適用することをお勧めします。
    • この累積的なパッケージは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみ適用します。
    • 最新の更新プログラムのリリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2014 に含まれていたすべての更新プログラムのリリースの更新します。
  • 2014 の SQL Server の次のサービス パックには、SQL Server をアップグレードすることをお勧めします。

ハイブリッド環境の配置

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、ミラーリング、およびクラスター) などのハイブリッド環境に修正プログラムを配置するときは、移動し、それらを展開する前に、次の資料を参照してくださいすることお勧めします。

累積的な更新パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2014 SP1 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。