SnmpMgrGetTrapEx 関数を使用して SNMPv1 トラップを受信する時にメモリ リークが発生する

現象

以下のいずれかの環境を実行しているコンピューターを用意します。
  • 修正プログラム 2735433 を適用した Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012 R2 

上記いずれかの環境で 、SnmpMgrGetTrapEx 関数を使用して Simple Network management Protocol Version 1 (SNMPv1) トラップを受信すると、メモリ リークが発生します。

原因

この現象は、SNMPv1 を受信するときに割り当てたメモリを解放していないために発生します。

回避策

  • Windows Server 2008 R2 においては、修正プログラム 2735433 をアンインストールすることで問題を回避できます。
    1. コントロール パネルを開き、メニューより [プログラムのアンインストール] をクリックします。
    2. [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、ウィンドウ上にインストールされている更新プログラムの一覧を表示します。
    3. 一覧より、「Microsoft Windows (KB2735433) の 修正プログラム」 をダブルクリックします。
    4. ダイアログが表示されるので、[はい] ボタンをクリックし、修正プログラムをアンインストールします。
  • Windows Server 2012 においては、現時点では、この問題に対する回避策はありません。 

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

修正プログラムに関する詳細については、以下の資料をご参照ください。
2735433 SNMPv2 traps are not received by the SnmpMgrTrapListen function in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2 
 
プロパティ

文書番号:3076472 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック