[MS15-080] Silverlight 5 セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 8 月 11 日)

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft .NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性を解決します。これらの脆弱性により、ユーザーが特別な細工がされた文書を開いた場合や、TrueType または OpenType フォントが埋め込まれた信頼されていない Web ページを表示した場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-080 を参照してください。

この更新プログラムに含まれている機能強化

このセキュリティ更新プログラムで修正される脆弱性に加えて、更新プログラムには機能、パフォーマンス、信頼性、およびセキュリティに関する機能強化も含まれます。このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンの Silverlight 向けに作成された Web アプリケーションと下位互換性があります。また、以下の機能強化を含み、以下の問題を修正します。
  • 問題 1

    Internet Explorer 11 で一部のアプリケーションがクラッシュする原因となる、Silverlight 64 ビット ランタイムの問題を修正します。

  • 問題 2

    Gatekeeper セキュリティが有効になっている OS X システムで正常にインストールを実行できるように、Macintosh インストーラーを更新します。

  • 問題 3

    MSN を既定のホームページとして設定し、Bing を既定の検索エンジンとして設定するオプションを含めるように Windows の手動のインストーラーを更新します。Silverlight の自動化されたインストールとアップグレード (たとえば、Microsoft Update および WSUS によって実行されるインストールとアップグレード) では、Silverlight インストーラー ユーザー インターフェイスは使用されず、ホームページまたは検索エンジンを変更するオプションは提供されません。

この更新プログラムの変更点

Macintosh 更新プログラムが OS X 10.5 (Leopard) にインストールされません。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1:Microsoft Update および WSUS

この更新プログラムは、Microsoft Update に登録されたユーザーが Windows Update を通じて入手できます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムが自動的にダウンロードされてインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

この更新プログラムは WSUS を通じても入手できます。コンピューターに以前のバージョンの Silverlight がインストールされている場合、このセキュリティ更新プログラムは Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB 3080333) として提供されます。

方法 2:Microsoft Silverlight サイト

Silverlight インストーラーには、このセキュリティ更新プログラムだけでなく、以前の更新プログラムもすべて含まれています。最新バージョンの Silverlight をインストールするには、Microsoft Silverlight を入手する Web サイトを参照してください。

更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。3078662

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用すると、以前にリリースされた以下の更新プログラムが置き換えられます。3056819

ファイルに関する情報
このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法
参照
プロパティ

文書番号:3080333 - 最終更新日: 2015/08/14 - リビジョン: 1

フィードバック