[BUG] .NET Framework のインストール中にエラー 1935 が発生する

現象

.NET Framework をインストールするとき、セットアップの起動前に Mscoree.dll が使用されていると、アセンブリのインストール エラーを示す、エラー 1935 のエラー メッセージが表示されます。

原因

この現象は、アセンブリのインストール後 (または削除後) 10 分間は、Mscoree.dll が使用中のままになるために発生します。別のインストールを開始すると、インストーラは、新しいプログラムのアセンブリをインストールするために、専用のバージョンの Mscoree.dll を読み込みます。このとき、既に別バージョンの Mscoree.dll が読み込まれているため、エラーが発生します。


これは、Windows NT プラットフォームにおける Windows インストーラの動作によるものです。

解決方法

この問題を解決するには、次のいずれかの方法を実行します。
  • コンピュータを再起動します。


    または
  • Windows インストーラ (msiservice) を停止します。
Windows インストーラを停止するには、次の手順を実行します。
  1. [コントロール パネル] を開きます。
  2. [管理ツール] をダブルクリックします (Windows 2000 または XP の場合)。
  3. [サービス] をダブルクリックします。
  4. [Windows Installer] サービスを右クリックします。
  5. [停止] をクリックします。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 308096 (最終更新日 2003-05-13) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:308096 - 最終更新日: 2008/02/20 - リビジョン: 1

フィードバック