Internet Explorer のスクリプト エラーのトラブルシューティングを行う方法


概要


スクリプト エラーが表示された場合、Internet Explorer で Web ページが正しく表示されない、または動作しない場合があります。
この資料に記載されている方法は、コンピューターのファイルまたは設定が原因で発生するスクリプト エラーのトラブルシューティングに役立ちます。 すばやく視覚的に手順を確認するには、このビデオをご覧ください。  
ビデオ: Internet Explorer のスクリプト エラーのトラブルシューティングを行う方法  
また、Internet Explorer から印刷しようとするときに発生するスクリプト エラーを解決するには、ここをクリックしてください。

解決方法


手順 1: 複数の Web ページでスクリプト エラーが発生していることを確認する
エラー メッセージが表示されることだけが問題で、Web サイトが正しく動作している場合、このエラーは無視できます。 また、1 つか 2 つの Web ページのみで問題が発生する場合は、そのページに問題がある可能性があります。 エラーを無視する場合は、スクリプトのデバッグを無効にできます。

: この問題が発生するサイトが 1 つか 2 つだけでないときは、スクリプトのデバッグを無効にしないでください。
手順 2: コンピューターのファイルまたは設定が原因で問題が発生していることを確認する
問題の原因を絞り込むために、スクリプト エラーが発生している Web ページを、他のユーザー アカウント、他のブラウザー、または他のコンピューターを使って表示します。

その Web ページを他のユーザー アカウント、他のブラウザー、または他のコンピューターで表示したときに、スクリプト エラーが発生しない場合は、コンピューター上のファイルまたは設定が問題の原因である可能性があります。 この状況では、この資料の方法に従ってこの問題を解決します。
1 つの方法を実行するたびにスクリプト エラーが発生していた Web ページを開いてみます。 エラーが発生しなかったら、問題は解決しています。

また、ビデオ: Internet Explorer のスクリプト エラーのトラブルシューティングを行う方法も参照してください。
以下の説明は、上級レベルのコンピューター ユーザーを対象としています。 ここでは、問題を解決するための 5 つの方法を紹介します。

詳細情報


Internet Explorer (Internet Explorer 11、Internet Explorer 10、Internet Explorer 9、Internet Explorer 8、および Internet Explorer 7) で、スクリプト エラーごとに通知を表示しないようにする
スクリプトのデバッグをオフにする (Internet Explorer 6 の場合)
Internet Explorer でスクリプト エラーが発生する場合、次のようなメッセージが表示される場合があります。
この Web ページの問題により、ページが正しく表示されなかったり、正しく機能しなかったりする場合があります。 次回からは、ステータス バーに表示される警告アイコンをダブルクリックするとこのメッセージが表示されます。
[詳細の表示] をクリックすると、次のようなエラーの詳細が表示されます。
行: <Line_Number>
文字: <Character_Number>
エラー: <Error_Message>
コード: 0
URL: http://Webserver/page.htm
ランタイム エラーが発生しました。
デバッグしますか?
行: <Line_Number>
エラー: <Error_Message>

また、Internet Explorer のステータス バーに、次の警告メッセージが表示されることもあります。
実行しましたが、ページでエラーが発生しました。
この問題は、Web ページの HTML ソース コードが Microsoft JScript スクリプトまたは Visual Basic スクリプトなどのクライアント側スクリプトで正常に動作しないことが原因で発生します。 この問題は、以下のいずれかまたは複数の原因によって発生することがあります。
  • Web ページの HTML ソース コードに問題があります。
  • アクティブ スクリプト、ActiveX コントロール、または Java プログラムが、コンピューターまたはネットワークでブロックされています。 Internet Explorer、またはウイルス対策プログラムやファイアウォールなど、その他のプログラムが、アクティブ スクリプト、ActiveX コントロール、または Java プログラムをブロックするように構成されている可能性があります。
  • ウイルス対策ソフトウェアが、インターネット一時ファイルまたはダウンロードされたプログラム ファイルのフォルダーをスキャンするように構成されています。
  • コンピューターのスクリプト エンジンが破損しているか、最新のものではありません。
  • コンピューター上のインターネット関連のフォルダーが破損しています。
  • ビデオ カードのドライバーが破損しているか、最新のものではありません。
  • コンピューターの DirectX コンポーネントが破損しているか、最新のものではありません。
: ASP (Active Server Pages) の Visual Basic スクリプトなど、サーバー側のスクリプトは、Web サーバー上で実行されます。 サーバー側のスクリプトのエラーが原因で発生するスクリプト エラーの場合、Internet Explorer にエラー メッセージは表示されませんが、そのエラーが原因で Web ページが正しく表示されないか、正常に機能しないことがあります。 この資料に記載されているトラブルシューティングの情報は、クライアント側のスクリプト エラーを対象としています。 サーバー側のスクリプトに問題がある可能性がある場合は、Web サーバーの管理者に問い合わせてください。
一般的には、古いプリンター ドライバーは、Internet Explorer から印刷する場合の問題の原因になる可能性があります。 これらの問題を解決するには、お使いのプリンターのドライバーを最新のものに更新してください。

この問題を解決するには、「Windows でプリンターの問題を解決する」の手順に従い、プリンターを確認してプリンター ドライバーを更新します。
重要: 場合によっては、更新版のドライバーが Windows Update 経由で入手できない場合があります。 製造元の Web サイトにアクセスし、ご使用のプリンター用の最新のプリンター ドライバーを見つけてダウンロードすることが必要な場合があります。

また、Internet Explorer 9 でこの問題が発生する場合は、「スクリプト エラーが表示され Internet Explorer 9 から印刷することができません」の方法を試してください。

さらに、Internet Explorer で印刷または印刷プレビューの表示を実行できない場合は、「Internet Explorer で Web ページの印刷または印刷プレビューの表示を実行できない問題」を参照してください。
Internet Explorer から印刷するときのスクリプト エラー メッセージ
Internet Explorer で Web ページを印刷しようとすると、次のようなスクリプト エラーが表示されることがあります。
このページのスクリプトでエラーが発生しました。
行: <Line_Number>
文字: <Character_Number>
エラー: <Error_Message>
コード: 0
URL: res/ieframe.dll/preview.js.

関連情報


810395 Internet Explorer 6 の使用中にスクリプト エラーが表示される