2015 年 10 月 13 日には、Outlook 2013 (KB3085579) の更新します。

適用対象: Microsoft Office 2013 Service Pack 1Outlook 2013Office Home and Student 2013 RT

この資料では、2015 年 10 月 13 日にリリースされた Microsoft Outlook 2013 用の更新プログラム KB3085579 について説明します。この更新プログラムOffice Home and Student 2013 RT、および Outlook 2013 を含む Office の他のバージョンにも適用されます。この更新プログラムには、前提条件があります。

ダウンロード センターから取得できるこの更新プログラムは、Microsoft インストーラー (.msi)ベースの Office 2013 のエディションに適用されることに注意してください。Microsoft Office 365 Home など、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正


  • ユーザーが Outlook 2013 でメール メッセージのプレビューのフォントを変更できるように、メッセージのプレビュー ] セクションを追加します。
  • アプリケーションのアドインとアドインを COM アドインが Outlook 2013 では、インターフェイスを変更します。
  • いくつかの用語の意味が正確であることを確認するのには複数の言語に変換します。
  • 次の問題が修正されます。
    • 接続されている複数の .pst ファイルを Outlook 2013 で作業するときに Outlook 2013 がクラッシュする可能性があります。
    • 新しい予定の既定のアラーム時間が、イベントの作成方法によって、一貫性のあるではありません。などを作成するとき、新しいすべてのイベントの日 (日単位の表示または月のビュー) の異なるビューでは、既定のアラーム時間は異なります。
    • Outlook 2013 内のフォルダーを回復する削除済みアイテムの回復機能を使用する場合は、フォルダー名が最初の文字に切り捨てられます。
    • Outlook 2013 で別のコンピューターに定期的なタスクを完了すると、重複したタスクが表示されます。
    • 日付バック グラウンドで Exchange サーバーと同期するとき outlook 2013 がクラッシュする可能性があります。
    • Outlook 2013 でBeforeItemMoveEventイベントを使用して会議をキャンセルすると、Outlook 2013 がクラッシュする可能性があります。
    • Exchange アカウントを持つ Outlook 2013 を開くと、ドメインに参加しているコンピューターに設定するが表示されますプロンプト繰り返し資格情報の。この問題は、Exchange アカウントのドメインのコンピューターのドメインと異なる場合に発生します。
    • Outlook 2013 では、空き時間情報を表示するときに Outlook 2013 が断続的にクラッシュする可能性があります。
    • 2015 年 6 月 9 日は、Outlook 2013 (KB3054855) の更新をインストールしたら、セーフ モードに Outlook 2013 と DisableSafeMode のキーのセットは起動できます。
    • 連絡先を編集し、再度 Outlook 2013 で連絡先、連絡先の写真が削除されます。
    • しようとすると、 ItemSendイベントで添付ファイルが Outlook 2013、保存先である会議出席依頼を送信する操作が呼び出され、次のエラー メッセージが表示されます。
      操作に失敗しました。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法


Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、Microsoft Update を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。Office Home and Student 2013 RT. には、ダウンロード センターから更新プログラムをインストールできません。実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、32 ビットまたは 64 ビットどちらの Office を実行しているのか? を参照してください 。さらに、マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてを参照してください。

更新プログラムの情報


再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールされているMicrosoft Office 2013 の Service Pack 1が必要です。

詳細


Office のインストール方法が、クイック実行または MSI ベースのどちらであるかを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Outlook 2013 を開きます。
  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。
  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新プログラムのオプションの項目は表示されません。
Office 2013 のクイック実行インストールMSI ベースの Office 2013
The screenshot for Outlook Click to Run The screenshot for Outlook MSI

関連情報


マイクロソフト ソフトウェアの更新に使用される一般的な用語に関する情報を参照してください。Office System TechCenter には、すべての Office バージョン用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開リソースが掲載されています。