[MS15-108] リモートでのコード実行に対処する JScript および VBScript 用のセキュリティ更新プログラム (2015 年 10 月 13 日)

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Windows の VBScript および JScript スクリプト エンジンに存在する脆弱性を解決します。この中で比較的深刻な脆弱性が悪用されると、Internet Explorer を通じて脆弱性を悪用するように特別に細工された Web サイトを攻撃者がホストして (または攻撃者が侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れるかホストする Web サイトを利用して)、その Web サイトを表示するようにユーザーを誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者は「初期化しても安全」と判断された ActiveX コントロールを、Internet Explorer レンダリング エンジンを使用するアプリケーションや Microsoft Office ドキュメントに埋め込み、ユーザーを特別に細工された Web サイトに誘導する可能性もあります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-108 を参照してください。

詳細

重要
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

以下の資料には、各製品のバージョンに関連付けられているこのセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。
  • 3094995 [MS15-108] JScript および VBScript 5.8 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 10 月 13 日)
  • 3094996 [MS15-108] JScript および VBScript 5.7 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 10 月 13 日)

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、 「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報
ファイル ハッシュ情報
このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法
プロパティ

文書番号:3089659 - 最終更新日: 2015/10/20 - リビジョン: 1

フィードバック