[MS15-116] Word 2013 セキュリティ更新プログラムについて 2015 年 11 月 10 日

適用対象: Microsoft Office 2013 Service Pack 1Word 2013

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別な細工のある Office ファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116 を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Office 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。このセキュリティ更新プログラムを適用した後で、Internet Explorer で保護モードで Web コンテンツを開く必要がある Web サイトを示すポップアップ ウィンドウが表示されることがあります。参照先: Internet Explorer が Microsoft Office アプリケーションの機能と対話する方法を変更する更新プログラム を参照してください。

影響を受ける Office ソフトウェアのすべてのバージョンの一覧については、サポート技術情報 3104540 を参照してください。


機能追加および修正

  • Word 2013、Excel 2013、および PowerPoint 2013 の Office アドインに図の挿入用の API を追加します。
  • CustomXmlNode: getTextAsyncsetTextAsync の下に 2 つのアドイン API を追加します。これら 2 つの新しい API は、ノードにまだテキスト値がない場合に組み込みの CustomXmlNode オブジェクトにテキスト値を追加する方法も提供します。
  • この更新プログラムを適用すると、次のセキュリティ以外の問題も修正されます。
    • Word 2013 のドキュメントのカスタム XML パーツにリンクされたコンボ ボックスのコンテンツ コントロールがあるドキュメントがあるとします。これらのコントロールのいずれか 1 つで値を選択し、保存操作を実行して実行を取り消すと、一部のコンテンツ コントロールの種類がコンボ ボックスからリッチ テキストに変更され、カスタム XML パーツのノードへのマッピングが失われます。
    • Word 2013 のドキュメントに特定のフォントで改行なしハイフンを入力すると、改行なしハイフンの代わりに四角が表示されます。
    • 一部の非英語バージョンの Outlook 2013 では [転送不可] ビジネス バー情報文字列がトリミングされ、全体が表示されません。
    • フッター文字列に手動および自動の改ページの両方がある Word 2013 のドキュメントがあるとします。[脚注と文末脚注] ダイアログ ボックスで、[段落番号] が [ページごとに振り直し] に設定されています。バックグラウンドでドキュメントを印刷すると、印刷物の脚注番号が各ページで最初から振られ直す代わりに、連続した番号が振られます。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

注: Microsoft Office 2013 RT Service Pack 1 用のこの更新プログラムは、Microsoft Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、サポート技術情報 3104540 を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以前にリリースされた更新プログラム 3055030 に置き換わるものです。