[MS15-116] Excel 2013 セキュリティ更新プログラムについて 2015 年 11 月 10 日

適用対象: Microsoft Office 2013 Service Pack 1Excel 2013

概要


このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別な細工のある Office ファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-116 を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft Office 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。このセキュリティ更新プログラムを適用した後で、Internet Explorer で保護モードで Web コンテンツを開く必要がある Web サイトを示すポップアップ ウィンドウが表示されることがあります。参照先: Internet Explorer が Microsoft Office アプリケーションの機能と対話する方法を変更する更新プログラム を参照してください。

影響を受ける Microsoft Office ソフトウェアのすべてのバージョンの一覧については、サポート技術情報 3104540 を参照してください。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、次のセキュリティ以外の問題が修正されます。
  • Word 2013、Excel 2013、および PowerPoint 2013 の Office アドインに図の挿入用の API を追加します。
  • この更新プログラムを適用すると、次のセキュリティ以外の問題も修正されます。
    • 代替テキストがあるグラフを右クリックし、[グラフの移動] を選択してグラフを別のシートに移動すると、そのグラフに定義された代替テキストは表示されなくなります。
    • Excel 2013 で 1,020 行以上の行があるピボット テーブルの列を並べ替えても、データは並べ替えられません。
    • Excel 2013 の右から左に記述するワークシートで、データの入力規則の文字列が予期しない黒の長方形によって隠されます。
    • Excel 2013 で一部のオブジェクト モデル (Range.NumberFormat、Range.HasFormula、Range.HasArray) を呼び出すと、数式バーが機能しなくなります。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細


セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、サポート技術情報 3104540 を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以前にリリースされた更新プログラム 3085583 に置き換わるものです。