WITH CHECK OPTION を使用して、SQL Server の 2014 年のビューで、挿入、更新、または差し込み印刷のステートメントを実行するとアクセス違反を修正します。

現象

WITH CHECK OPTION 構文で定義されているビューに対して INSERT、UPDATE、または印刷ステートメントを実行すると、ダンプ ファイルが生成され、Microsoft SQL Server のアプリケーション ログに次のエラー メッセージをログに記録。

<> # の SPID をセッションからユーザーの要求を <タイムスタンプ> サーバー A には、致命的な例外が生成されます。SQL Server はこのプロセスを終了しています。ログ ディレクトリに生成されるダンプを使用して、Product Support Services までお問い合わせください。

<タイムスタンプ> spid <> # SqlDumpExceptionHandler: <> # のプロセスには、致命的な例外が生成されました c0000005 を参照します。SQL Server は、このプロセスを終了します。

解決策

累積的な更新プログラムの情報

問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 用の最新の累積的な更新をインストールする推奨事項。

詳細

この問題は、WITH CHECK OPTION 構文を使用して定義されているビューで、挿入、更新、または差し込み印刷のステートメントを実行する場合のみに発生します。次に例を示します。
UPDATE "<ViewName>" SET"<ColumnA>" = <NewValue> WHERE 
("<ColumnB>" = <ColumnBValue>)

回避策

  • WITH CHECK OPTION 構文を使用して定義されているビューは、基になるテーブルに対する挿入、更新、または差し込み印刷のステートメントを実行します。
  • 変更または、WITH CHECK OPTION 構文を使用しないことを確認するのには該当するビューを再作成します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:3103998 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Standard

フィードバック