3 の累積的な更新のワークフロー マネージャー 1.0 の説明

この資料では、ワークフロー マネージャー 1.0、ワークフロー マネージャー クライアント 1.0 では、ワークフロー マネージャー ツール 1.0 の累積的な更新プログラム 3 (CU3) を説明します。修正された問題の詳細については、「この累積的な更新プログラムで修正される問題」を参照してください。

注:
  • ワークフロー マネージャー クライアント 1.0 CU3 とワークフロー マネージャー ツール 1.0 の CU3 は、Msi でインストールできる新しいコンピューターまたはマネージャー クライアント 1.0 のワークフローまたはワークフロー マネージャー ツール 1.0 それぞれです。
  • ワークフロー マネージャー 1.0 CU3 (更新) のみで可能な exe ファイルではワークフロー マネージャー 1.0 がインストールされているコンピューターに適用します。ワークフロー マネージャー 1.0 がインストールされているコンピューターが存在する場合は、ワークフロー マネージャー 1.0 クライアントの CU3 をインストールした後、ワークフロー マネージャー 1.0 の CU3 をインストールする必要があります。
  • 運用環境で展開する前に、この更新プログラムをテストすることをお勧めします。
この累積的な更新プログラムには、すべての機能とワークフロー マネージャー 1.0 の以前のバージョンの累積的な更新プログラムに含まれていた修正プログラムが含まれています。詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

累積的な更新パッケージの情報

サポートされている累積的な更新パッケージは、マイクロソフトから利用できるようになりました。この累積的な更新は、「ダウンロード情報」のセクションでダウンロードします。

ダウンロード情報

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download ワークフロー マネージャー 1.0 のパッケージは累積的な更新プログラム 3 を今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを取得する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

詳細

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる更新プログラム

  • 累積的な更新プログラム 3 (完全インストール) を使用するワークフロー マネージャー クライアント 1.0
    この更新プログラムによって、コア アセンブリとクライアント API にワークフロー マネージャーと関連付けられている Visual Studio のツールです。ワークフロー マネージャーには、マルチ テナント型と大規模なホストを実行して、Windows Workflow Foundation ワークフローを管理するのです。ワークフロー マネージャーのクライアント 1.0 または新しいコンピューターにインストール可能なすべての MSI です。ワークフロー マネージャー 1.0 の CU3 およびワークフロー マネージャーのクライアント 1.0 の更新プログラムとの互換性がします。
  • Visual Studio 2012 の累積的な更新プログラム 3 (完全インストール) では、ワークフロー マネージャー ツール 1.0
    このインストールでは、アクティビティ デザイナーでは、ワークフロー マネージャー 1.0 の CU3 のワークフローを作成するための式のデバッグとの変換。ワークフロー マネージャー 1.0 の CU3 との互換性がします。
  • ワークフロー マネージャー 1.0 の CU3 (更新)
    この累積的な更新プログラムには、いくつかのソフトウェア更新プログラムが含まれています。ワークフロー マネージャー 1.0、ワークフロー マネージャー 1.0 累積的な更新プログラム 1、またはワークフロー マネージャー 1.0 累積的な更新プログラム 2 を展開しているお客様が、それを使用してください。累積的な更新 3 (完全インストール) のみのサーバーを更新するこの更新プログラムをインストールする前にクライアントを更新するためにワークフロー マネージャーのクライアント 1.0 をインストールする必要があります。

必要条件

  • ワークフロー マネージャー ツール 1.0 の CU3 のソフトウェア要件:
    • ワークフロー マネージャー クライアント 1.0 CU3 は、コンピューターにインストールする必要があります。
  • ワークフロー マネージャー 1.0 の CU3 のソフトウェア要件:
    • PowerShell 3.0 は、更新するコンピューターにインストールする必要があります。PowerShell 3.0 は、Windows Management Framework 3.0 のインストールに含まれます。この更新プログラムをインストールするのにはWindows Management Framework 3.0に移動します。
    • ワークフロー マネージャー クライアント 1.0 CU3 は、コンピューターに最初にインストールしなければなりません。
    • ワークフロー マネージャー 1.0 がインストールされているコンピューターでは、次の追加要件の 1 つが適用されます。
      • サービス バス Windows Server の累積的な更新をインストールする必要があります全体にコンピューター環境の場合、ワークフロー マネージャー 1.0 の累積的な更新プログラムをインストールする前にします。
        2799752 Windows サーバーの累積的な更新のバスのサービスの説明: 2013 年 2 月 22 日
      • Windows サーバーのサービス バスの 1.1 は、コンピューターにインストールする必要があります。
  • サポートされているオペレーティング システム: Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2012 では、Windows Server 2012 R2
    • ワークフロー マネージャー クライアント 1.0 インストールすることも独立していない、x86 および x64 バージョンの Windows 7、Windows 8、および Windows Server 2008 にします。
  • 資格情報の要件: 実行可能ファイルを実行する前にソフトウェアをインストールしているコンピューターの管理者資格情報をいる必要があります。さらに Get SBNamespace PowerShell コマンドの出力の ManageUsers のリスト内のユーザーとしてサインインする必要があります。
  • インストールの前にすべてのサービス バス サービスを手動で停止しない操作を行います。

展開

コンピューター ファームでは、ワークフロー マネージャーのホストを使用する各コンピューターにこの更新プログラムはそのコンピューターにインストールする必要があります。

データベースの変更

この累積的な更新プログラムがインストールされているときに発生するいくつかの最小限のデータベースの変更があります。この更新プログラムをアンインストールする場合は、これらのデータベースの変更は、下位互換性のあるとロールバックされません。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

この累積的な更新プログラムで修正される問題

問題 1:
ワークフロー マネージャーのバックエンド サービスが断続的にクラッシュし、次の例外が発生する可能性があります。
System.AggregateException: 1 つまたは複数のエラーが発生しました。---& gt;System.Net.ProtocolViolationException: は、この動詞の種類とコンテンツの本文を送信できません。
Microsoft.Workflow.Common.AsyncResult.End[TAsyncResult](IAsyncResult result) で
Microsoft.Activities.Hosting.HostedHttpExtension.HttpRequestWorkItem.HttpRequestWorkItemAsyncResult.End で (IAsyncResult が発生する、Int32 & amp; responseCode)
Microsoft.Activities.Hosting.HostedHttpExtension.HttpRequestWorkItem.OnEndComplete (ScheduledWorkItemContext コンテキスト、IAsyncResult 結果) で
Microsoft.Activities.Hosting.ScheduledWorkItem.EndComplete (ScheduledWorkItemContext コンテキスト、IAsyncResult 結果) で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.SingleNonTransactionalWorkItemComplete (IAsyncResult 結果) で
------内部例外のスタック トレースの終了
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.UpdateNonTransactionalWork() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.Isolate (AsyncCompletion コールバックの場合、IAsyncResult 結果) で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.SingleNonTransactionalWorkItemComplete (IAsyncResult 結果) で
------内部例外のスタック トレースの終了
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.UpdateNonTransactionalWork() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.Isolate (AsyncCompletion コールバックの場合、IAsyncResult 結果) で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.SingleNonTransactionalWorkItemComplete (IAsyncResult 結果) で
2 を発行します。
ワークフロー マネージャーのバックエンド ・ サービスは、次の例外で断続的にクラッシュします。
見つかりません: 同じキーを持つ項目は既に追加されています。
System.Collections.Generic.Dictionary'2.Insert で (TKey キー、TValue 値、ブール値を追加)
System.Collections.Generic.Dictionary'2.Add (TKey キー、TValue の値) に
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ProcessWaiter() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ProcessMatch (ブール値 consumeInput) で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.StartEpisode() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ReceiveNextMessage() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.UpdateNonTransactionalWork() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ProcessNonTransactionalWork() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ProcessWaiter() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ProcessMatch (ブール値 consumeInput) で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.StartEpisode() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ReceiveNextMessage() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.UpdateNonTransactionalWork() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ExceptionHandlingFrame (IAsyncResult 結果) で、Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.Isolate (AsyncCompletion のコールバック、IAsyncResult 結果) で
3 を発行します。
ワークフロー マネージャーのバックエンド ・ サービスは、次の例外で断続的にクラッシュします。
System.ArgumentNullException: 値を null にすることはできません。
パラメーター名: キー
System.Collections.Generic.Dictionary'2.FindEntry (TKey キー) で
System.Collections.Generic.Dictionary'2.TryGetValue で (TKey キー、TValue & 値)
Microsoft.Activities.Hosting.InputWaiterTable.InternalMatch (EventTraceActivity traceActivity、DateTime ここでは、MessageDispatchProperties 入力、Guid の currentInstanceId、ブール型の removeWaiter、Guid の currentSuspensionId、ブール値、および consumeInput)
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ReceiveNextMessage() で Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.StartEpisode() で
4 を発行します。
ワークフロー マネージャーのバックエンド ・ サービスは、次の例外で断続的にクラッシュします。
見つかりません: 同じキーを持つ項目は既に追加されています。
System.Collections.Generic.Dictionary'2.Insert で (TKey キー、TValue 値、ブール値を追加)
System.Collections.Generic.Dictionary'2.Add (TKey キー、TValue の値) に
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ProcessWaiter() で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.Isolate (AsyncCompletion コールバックの場合、IAsyncResult 結果) で
Microsoft.Activities.Dispatcher.DispatchLoopInstanceAsyncResult.ExceptionHandlingFrame (IAsyncResult 結果) で
5 を発行します。
復元の範囲の操作は失敗し、次のように、一意キー違反エラーが発生します。
復元-WFScope: オブジェクトに重複するキー行を挿入できません ' dbo。活動
一意なインデックス 'IX_Activities_Name_Version' です。重複するキーの値は、します。
(fef3537a-eefe-1340-5 d 86-335e62409f9c、IsEqualUser、1)。
ステートメントは終了されました。C:\restoreScope.ps1:12 の char 型: 1
6 を発行します。
ワークフロー マネージャーのフロント エンドでは、ワークフローの通知メッセージには、プロパティが含まれている場合のエラーだけが異なる場合は通知をレポートできません。代わりに、イベント ログに次の例外を生成します。
見つかりません: 同じキーを持つ項目は既に追加されています。
Microsoft.Workflow.Common.AsyncResult.End[TAsyncResult](IAsyncResult result) で
Microsoft.Workflow.Gateway.HttpAsyncResult.End[TAsyncResult](IAsyncResult result) で
Microsoft.Workflow.Gateway.PublishWorkflowEventAsyncResult.End (IAsyncResult 結果) で
Microsoft.Workflow.Gateway.WorkflowServiceGateway.ExceptionFilter[T で] (Func'1 本体) System.Threading.Tasks.TaskFactory'1.FromAsyncCoreLogic (IAsyncResult iar、Func'2 endFunction、アクション ' 1 endAction、タスク 1 の約束、ブール値の requiresSynchronization) で
7 を発行します。
非トランザクション (Http) の作業項目が例外をスローした場合に終了の代わりにインスタンスが中断されます。
8 を発行します。
ワイヤ フレームを使用するクライアントは、http 要求の再試行の動作を制御します。再試行ロジックを追加するには、エラー ハンドラー内でワイヤ フレームのクライアント エラーの通知を発行する時にします。

9 を発行します。
ワイヤ フレームのファームの構成の署名証明書の拇印を発信を更新するユーザーを有効にするセット WFCertificateコマンドを修正します。

10 を発行します。
ワークフローを発行するときに、ワークフロー マネージャーのフロント エンドにストアド プロシージャの実行の失敗によって発生するトランザクションのリークを修正します。

11 を発行します。

過剰なは、トピックの最大のクォータが発生する可能性がありますメッセージ コンテナーのデータベースの増加率を超えた場合、ワークフローを開始できないことを防止します。


状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:3104066 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Workflow Manager 1.0, Workflow Manager Client 1.0, Workflow Manager Tools for Visual Studio 2012

フィードバック