設定または編集するアクセス権が Windows XP または Windows Server 2003 でレジストリを変更する方法

概要

この資料では、レジストリ エディターで Windows XP および Windows Server 2003 に含まれていますが、Windows の以前のバージョンに含まれていない機能を使用する方法について説明します。Windows xp 以降では、Regedit.exe がオペレーティング システムに含まれる唯一のレジストリ エディター ツールです。Regedt32.exe は、Windows XP または Windows Server 2003 の一部ではありません。以前のバージョンの Regedit.exe にから欠落している Regedt32.exe の主な用途は、アクセス許可およびその他のセキュリティの設定のレジストリ キーおよびサブキーの設定をしました。その機能は、バージョンの Windows XP および Windows Server 2003 に含まれる Regedit.exe でされています。

: [Regedt32.exe ツールを起動しようとする場合、
Windows XP または Windows Server 2003、Regedit.exe を起動し、Windows の実行] ダイアログ ボックスでは、エラー メッセージは生成されません。

Windows XP および Windows Server 2003 に含まれる Regedit.exe のバージョンには、アクセス許可と [お気に入り] 機能が含まれています。[お気に入り] 機能は、Microsoft Windows 2000 のバージョンで「regedit」が登場します。

[お気に入り] メニューにアクセス可能な一覧を頻繁に使用するレジストリ サブキーを追加するのには [お気に入り] 機能を使用できます。これを行うには、サブキーをクリックし、お気に入りに追加] をクリックし、
[お気に入り] メニューのお気に入りの名前を入力するか、デフォルト名を使用します。既定の名前は、サブキーの名前です。一覧が [お気に入り] メニューで、使用可能になり、サブキーに戻るには、一覧をクリックすることができます。一覧を削除するをクリックします
[お気に入り] メニューの [のお気に入りの削除] をクリックし、削除を確認するのには[ok]をクリックします。

Regedit.exe で使用可能なセキュリティ機能には、アクセス許可の割り当て、レジストリへのアクセスを監査およびレジストリ キーの所有権を割り当てることが含まれます。

レジストリ キーにアクセス許可の割り当てください。

  1. アクセス許可を割り当てたいキーをクリックします。
  2. [編集] メニューで、次のようにクリックします。
    アクセス許可です。
  3. 使用するグループまたはユーザー名をクリックします。
  4. キーに割り当てるアクセス レベルは次のいずれか。
    • [許可] チェック ボックスを選択します。
      キーの内容を読み取り、変更内容は保存する権限を付与するのには読み取りをします。
    • [許可] チェック ボックスを選択します。
      フル コントロールを開く、編集、およびキーの所有権を取得する権限を付与します。
  5. キーに特殊なアクセス許可を付与するのには次のようにクリックします。
    詳細設定]、[ユーザーまたはグループに特殊なアクセス権を割り当てる] をダブルクリックします。[アクセス許可を選択します
    許可] または [拒否] チェック ボックスを許可するを許可または拒否できます。

ユーザーまたはグループを既存のアクセス許可一覧に追加します。

  1. キーを変更するをクリックします
    アクセス許可の一覧です。
  2. [編集] メニューで、次のようにクリックします。
    アクセス許可、し、[追加] をクリックします。
  3. [ユーザー、コンピューター、またはグループ] ダイアログ ボックスの [場所] ボックスで、コンピューターまたはドメインのユーザーおよびグループから選択するをクリックします。
  4. ユーザーまたはグループの名前をクリックします。
    追加、し、[ OK] をクリックします。
  5. [アクセス許可] ダイアログ ボックスで、選択したユーザーまたはグループをこの資料で前述のガイドラインを使用して、アクセスの種類を割り当てます。
高度なセキュリティ設定と注意事項:
  • サブキーに適用するのには、親キーに割り当てられているアクセス許可を継承する場合は、子オブジェクトに適用するアクセス許可エントリを親から継承のを選択します。それらを明示的にここで定義されているエントリが含まれます。チェック ボックスをオンします。
  • 子ができるようにするため、現在の親オブジェクトを選択と同じオブジェクトにアクセス許可エントリをリセットする場合は、
    すべての子オブジェクトのアクセス許可エントリをエントリの子オブジェクトに適用される次のように置き換えます。チェック ボックスをオンします。

レジストリ キーの所有権を変更します。

  1. 所有権を変更するキーをクリックします。
  2. [編集] メニューで、次のようにクリックします。
    アクセス許可です。
  3. [詳細設定] をクリックし、をクリックします
    [所有者] タブ。
  4. [所有者の変更]、新しい所有者をクリックし、[ OK] をクリックします。
: キーの現在の所有者である場合にのみ、レジストリ キーの所有権を別のユーザーを許可することができます。レジストリ キーの所有権を取得するユーザーを許可するようにキーのフル コントロールのユーザーを最初に与える必要があります。レジストリ キーの所有権は、管理者としてログオンしている場合、または割り当てられている具体的にはレジストリ キーの所有権を取得するためのアクセス許可の現在の所有者によって実行できます。

プロパティ

文書番号:310426 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 2

フィードバック