Windows 10 Version 1511 用の累積的な更新プログラム(2015 年 11 月 10 日)

適用対象: Windows 10, version 1511

概要


この Windows 10 Version 1511 の更新プログラムは、機能強化を含み、以下のマイクロソフト セキュリティ情報とセキュリティ アドバイザリで説明されている脆弱性を解決します。

  • 3105256 [MS15-122]セキュリティ機能のバイパスに対処する Kerberos のセキュリティ更新プログラム(2015 年 11 月 10 日)
  • 3104521 [MS15-119]特権の昇格に対処する TDX.sys のセキュリティ更新プログラム(2015 年 11 月 10 日)
  • 3105864 [MS15-115]リモートでのコード実行に対処する Windows のセキュリティ更新プログラム(2015 年 11 月 10 日)
  • 3104519 [MS15-113]Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(2015 年 11 月 10 日)
  • 3104517 [MS15-112]Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(2015 年 11 月 10 日)
  • 3108638 マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: CPU の弱点に対処する Hyper-V の更新プログラム(2015 年 11 月 10 日)
  • 3108604 マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Windows Hyper-V のセキュリティ更新プログラムについて(2015 年 11 月 10 日)

この更新プログラムの入手方法


重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

方法 1: Windows Update

あなたのコンピューターがWindowsアップデートを承認する設定にされている場合、この更新プログラムは自動的にダウンロードされ、インストールされます。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムの単体パッケージを入手するためには、Microsoft Update Catalogサイトへアクセスしてください。

必要条件

この更新プログラムをインストールするための必要条件はありません。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストール後、コンピューターを再起動させてください。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイルに関する情報


このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。各ファイルの日付および時刻は、ローカル タイムおよび現在の夏時間バイアスでローカル コンピューターに表示されることに注意してください。ファイルで特定の操作を行うと、日付および時刻は変更される場合もあります。